上谷(かさや)の地の「笠屋権現」、五社を勧請、修験の社か?
五社神社 山梨県北杜市明野町小笠原1242
[住所]山梨県北杜市明野町小笠原1242
[電話]-

五社神社(ごしゃじんじゃ)は、山梨県北杜市明野町小笠原にある神社。御朱印の有無は不明。

延喜式』巻9・10神名帳 東海道神 甲斐国 巨麻郡「笠屋神社」に比定される式内社(小社)の論社。近代社格では村社。

境内からは、南アルプスの山々が一望できる。貞観年間(859年-877年)には、笠屋神社として創立されていたとも伝わる。

「笠屋」とは「上谷(かさや)」 の意とされ、茅ヶ岳の西麓の長者窪付近に一の倉、二の倉、三の倉の地名があり、その一の倉の上谷の地だという。

現在も俗に「笠屋権現」と呼ばれるという。

しかしその後、寺院の支配下に組み込まれ、熊野本宮新宮那智熊野三山と、白山箱根の五社を勧請したという。

長保年間(999年-1004年)、笠原山福昌院の配下に入り、阿弥陀・薬師・千手・十一面・文殊を本地仏としたため、笠屋神社の社名が失われたという。

そもそもが、修験的な信仰に発する社とみる向きもある。現在の御祭神は、伊弉諾命伊弉冊命素盞鳴命少彦名命大己貴命

例祭は4月15日。

「五社神社の御正躰」として、市の文化財に指定されている。本殿は室町時代の建造とみられというが、文化財指定はないようだ。

石段の参道脇にはサクラが植えられ、社殿の周囲はイチョウ、ケヤキ、スギなどが見られる。社殿裏はヒノキ、コナラ、シラカシで社殿前にスギの大木がある。

なお、式内社「笠屋神社」の論社は非常に多く、他に、甲府市国母の熊野神社甲斐市南アルプス市甲府市の式内同名神社、北杜市甲州市の諏訪神社がある。

【ご利益】
リフレッシュ、身体壮健、病気平癒、健康長寿
五社神社 山梨県北杜市明野町小笠原
【関連記事】
山梨県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、山梨県に鎮座している神社の一覧