南房総市千倉町の高家神社を勧請か、宮中式内社、現在は醤油の神
高倍神社 宮中大膳職坐神三座の一座。写真は高倍神を御祭神とする南房総市千倉町の高家神社の拝殿
[住所]東京都千代田区千代田1-1
[電話]-

高倍神社(たかべじんじゃ)は、『延喜式』巻9・10神名帳 宮中京中 宮中坐神 大膳職坐神「高倍神社」に比定される式内社(小社)である。宮内省に属する大膳職で祀られていた神の1柱。

大膳職(だいぜんしき)は、大宝律令制定時(701年)に、天皇の食事を掌る内膳司と対をなす、臣下に対する饗膳を供する機関に定められた。

ただし、主食については大炊寮が掌っており、大膳職は副食・調味料などの調達・製造・調理・供給の部分を担当した。宮中の待賢門の西傍、大炊寮の東隣にあったという。

高倍神は、高瓶(高瓮)、すなはち酒・水・醤などを容れる土器を守る神とされる。

一方で、千葉県南房総市千倉町に鎮座する式内社である高家神社の御祭神の磐鹿六雁命も高倍神とされる。

おそらく、当社も高家神社を勧請したものなのではないだろうか。

なお、磐鹿六雁命は、御食津神とも呼ばれる。そうであれば、同じく大膳職坐神三座の一座に御食津神社がある。

春分の日には春季神殿祭が、秋分の日には秋季神殿祭が行われたという。

当社も、中世には衰退、南北朝時代までは古代の形が維持されたものの、その後応仁の乱頃までには完全に廃絶したとされる。

同じく衰退し、明治になり復興した八神殿が、天神地祇などを合祀して「神殿」となった際、その天神地祇には当社も含まれているとされる。

であれば、当社は現在、皇居の宮中三殿の一つ神殿に継承されていることになる。

なお、ヒゲタ醤油の第13代田中玄蕃直太郎は醤油の祖神を探求して、高倍神に行き当たったという。

そこで、ヒゲタ銚子工場に明治44年(1911年)、高家神社を勧請し、当社とは別の高倍神社を創建した。

ヒゲタ醤油の高倍神社は現存しており、昭和14年(1939年)4月、現在地に遷座した。

今では「高倍」という商品名の醤油を製造しており、高家神社に奉納するとともに、一般販売もしている(公式サイト)。

【ご利益】
調味料とそれを納めるの土器・瓶の守護神、醤油の神
高倍神社 宮中大膳職坐神三座の一座
『延喜式神名帳』宮中大膳職坐神三座
御食津神社一座
火雷神社一座
・高倍神社一座