佐竹義宣が重宝し、非業の死を遂げ祟った飛脚の狐を奉斎
与次郎稲荷神社(秋田県秋田市千秋公園1-8)
[住所]秋田県秋田市千秋公園1-8
[電話]-

与次郎稲荷神社(よじろういなりじんじゃ)は、秋田県秋田市千秋公園にある神社。狐が稲荷神の使いではなく、神そのものとして祀られた稲荷神社。御朱印の有無は不明。

江戸時代初期の慶長9年(1604年)8月、佐竹義宣が久保田城へ移って2、3日後、御座の間の庭に1匹の大狐が現れ、義宣へ訴え出た。狐曰く、
自分は神明山に300年あまり住まう狐の長であるが、公がこの山へ築城されたことにより棲み家を失った。願わくば代わりの土地を賜わりたい。願いが聞き届けられるならば、今後永く城の守りとなり、御用にも役立ちたい。
義宣が狐に、どのように役立つつもりかと尋ねると、火急の用あらば飛脚となり、江戸まで6日で往復すると答えた。

喜んだ義宣は、狐に城北の茶園近くの土地を与え、「茶園守の与次郎」と呼んで歩行並(かちなみ)の待遇とした。

秋田転封前の水戸時代、茶園守の与次郎という家臣が居たので、その名を継承させた。以来6年間、江戸へ急用が生じるごとに与次郎が呼び出され、約束通り往復6日で返書を携え戻ってきた。

江戸までの道中、六田村(現 山形県東根市)で佐竹氏が継ぎ立てに利用していた飛脚宿に、間右衛門という男が居た。

この男は、最近飛脚の宿泊が少ないことを不審に思っていたが、ある時、佐竹の飛脚が飛ぶような速さで通り過ぎているという噂を聞きつけた。

猟師の谷蔵に相談すると、谷蔵は「それは狐に違いない、捕らえれば宿はまた繁盛する」と間右衛門を唆した。

そこで2人は悪党仲間たちと謀って狐の好物である油鼠を仕掛け、飛脚が来るのを待ち構えた。

与次郎は罠の存在に気付き、御用の飛脚を罠にかけようとは不届きであると、意趣返しに油鼠をすべて奪い取ってやろうとしたものの、運悪く谷蔵の狐網に捕らえられてしまった。

せめて御用だけは果たすべしと御状を網の目から外へ出すと、不思議なことに御状は空へ舞い上がった。谷蔵が一打ちすると、与次郎は呪いの言葉を吐いて死んだ。

空へ舞い上がった御状は小狐達が引き継ぎ、遅滞無く江戸に届いたという。

間右衛門、谷蔵らは奪った金を分け合い、狐の死体は煮て食うなどしたが、その夜から六田村の人々に乱心する者が続出した。

近隣の狐たちが集まって祟ったもので、1ヶ月ほどで300人以上が狂い、17人が死に、正気の者は10人ばかりという有り様だった。

騒ぎは幕府の耳にも届き、代官杉本伊兵衛が派遣された。伊兵衛も現地の惨状に肝を潰したが、与次郎をこの地で八幡に祀ることとし、立ち退くよう狐たちを諭した。

この約束は守られ、現在の山形県東根市には、四ツ家に同名神社があり、八幡とともに与次郎が祀られている。また、蟹沢に、やはり同名とされる稲荷神社の小祠がある。

すると狐は去り、村人は酒の醒めるように回復した。しかし間右衛門と谷蔵は10日も経たないうちに死に、子孫もやがて絶えた。

事の次第を伝え聞いた義宣は、大いに無念がり、久保田城内の三ノ丸八幡山にあった金乗院の境内に与次郎を祀る神社を建立した。これが当社の創祀である。

また、江戸へ往来する際には、六田で必ず与次郎が祀られた宮に参拝した。義宣以降の歴代藩主も往来の際も必ず詣で、藩主が参拝できない場合には代参が慣わしとなった。

寛保3年(1743年)、久保田城三ノ丸八幡坂の下り口に足軽番所が設置され、番所内に当社が勧進された。

この番所内の社が、実に平成の世になって再び当社に合祀されて廃社となった、いわゆる「楢山の与次郎稲荷神」である。

明和4年(1767年)、外町大火で焼失した寺町の大八幡と一乗院が八幡山へ移転し、金乗院が別当を解かれ、北ノ丸へ移転。当社も北ノ丸へ移転したと考えられている。

天保から弘化年間(1831年-1847年)にかけてのいずれのかの時期に、金乗院が三ノ丸東方へ移転。当社はそのまま北ノ丸に残ったとみられる。

嘉永2年(1849年)、あるいは万延2年(1861年)、保戸野金砂町の東清寺境内へ移転。

明治25年(1892年)6月26日に本丸跡の現在地に移転し、昭和元年(1926年)に現在の社殿が完成した。

なお、似たような狐の飛脚に関する伝承が小浜藩にもあり、現在は、小浜城址に鎮座する小浜神社の境内社で祀られている。

【ご利益】
商売繁盛の神、スポーツの神
与次郎稲荷神社(秋田市) - 佐竹義宣が重宝し、非業の死を遂げ祟った飛脚の狐を奉斎
【関連記事】
秋田県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、秋田県に鎮座している神社の一覧