北海道石狩郡当別町、明治45年の創建、神武天皇とその皇后を祀る橿原神社
茂平沢神社(北海道石狩郡当別町茂平沢3062)
[住所]北海道石狩郡当別町茂平沢3062
[電話]01332-3-2546

茂平沢神社(もへいざわじんじゃ)は、北海道石狩郡当別町にある神社。御祭神は、初代神武天皇と、その皇后である媛蹈鞴五十鈴媛命。例祭は9月13日。御朱印の有無は不明。

明治45年(1912年)、村議山田四郎次ら7人が発起人となり、弁華別神社の御分霊をいただき、現在地を神社敷地に選定して橿原神社として奉祀したのが始まり。

大正10年(1921年)、地元有志16人が発起人となり社殿造営の動議がありその年の9月に落成した。その数年後、境内を「昭和山」と命名し届出が行われた。

昭和49年(1974年)4月、「みどり野団地」造成に伴い、橿原神社境内が移動拡張、社殿が新築されて、現社号に改称、今日に至っている。

【ご利益】
縁結び、夫婦和合、子孫・一族繁栄
茂平沢神社 - 北海道石狩郡当別町、明治45年の創建、神武天皇とその皇后を祀る橿原神社
【関連記事】
北海道の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、北海道に鎮座している神社の一覧