推古朝創建、『江戸名所図会』に特筆された富裕商人による祭礼
[住所]東京都台東区浅草橋2-29-16
[電話]03-3851-7044

須賀神社(すがじんじゃ)は、東京都台東区浅草橋にある神社。近代社格では村社。御祭神は素盞嗚尊。参拝すれば、御朱印を頂ける。

『當社牛頭天王縁起』や、巻子本仕立、天正塚碑文などによれば、創建は第33代推古天皇9年(601年)の辛酉年と伝わる。6月8日のことだという。

当時、武蔵国豊島郡のこの当たりに疫病が流行した折、郷人などが小祠で祀られていた牛頭天王に、病難平癒を願ったところ、ことごとく快気を得たので、大々的に奉斎することになったという。

『求涼雑記』など各種資料にも、村上天皇の天暦年間(947年-957年)には神祠があったとしており、都内でも有数の古い神社の一つとなる。

江戸時代、3代将軍徳川家光の時、松平伊豆守信網が出資して、時の奉行神尾備前守元勝、朝倉石見守在重に命じて造替し、寛永16年(1639年)に竣工した。

当社所在地である蔵前は、江戸時代には「札差」が軒を並べていたところで、当社の氏子にもその札差が多かった。

札差とは、旗本や御家人の代理として禄米を受けることを業とした、いわば米商人で、吉宗将軍のころには109名もが公認されていたといわれている。

彼らは武士への金貸しなども行なって富を得、次第に江戸の経済を動かすほどの勢力を持つようになった。

それが大の祭り好きで、6月の祭礼もその財力を背景にして大いに賑わった。その有様が『江戸名所図会』に4ページにわたって描かれている。

また文政年間(1818年-1830年)、両国吉川町大黒屋平吉の板による新版御祭双六にも出ている。江戸期には祇園社、蔵前牛頭天王、団子天王、笹団子天王などと呼ばれた。

明治以降、天台宗東叡山寛永寺末真鏡山宝現院大円寺から分離して、現社号に改称した。

大正12年(1923年)の関東大震災と昭和20年(1945年)の戦災の被害を受けたが、昭和36年(1961年)、社殿・社務所などが再建整備された。

例祭は5月25日-27日。江戸期の6月や、創建日の6月8日などが有力だが、おそらく現在はこの6月8日に近い日付で調整して斎行されているものと思われる。

境内社に、大洗磯前神社、御門神社、厳島神社、秋葉神社、稲荷神社がある。

【ご利益】
目的完遂、病気平癒など(公式HP
須賀神社(台東区) - 推古朝創建、『江戸名所図会』に特筆された富裕商人による祭礼
【関連記事】
『江戸名所図会』に掲載されている神社 - 文字通り「特筆」に値する江戸期からの名社
東京都の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、東京都に鎮座している神社の一覧
須賀神社(台東区)の御朱印