広島藩主浅野氏の祖である浅野長政、幸長らを祀る芸州鎮護の「にぎつさん」
[住所]広島県広島市東区二葉の里2-6-34
[電話]082-261-4616

饒津神社(にぎつじんじゃ)は、広島県広島市東区にある神社。近代社格では県社。広島二葉山山麓七福神めぐりの一社。参拝すれば、「芸州鎮護」などとある御朱印を頂ける。

主祭神は、浅野長政、幸長、長晟。相殿神として、長政室の末津姫(やや)。地元では「にぎつさん」と呼ばれている。

宝永3年(1706年)、広島藩主浅野綱長により、広島城鬼門の方角に長政の位牌堂を建立したのが始まりである。

文化7年(1810年)、浅野重晟・斉賢父子が、新たな位牌堂を建立。天保6年(1835年)、浅野斉粛が祖先追悼のため現在地に社殿を建立し、二葉御社(二葉山御社)と称した。

明治6年(1873年)に現社号に改称。「饒」は肥沃であること、「津」は港町、つまり「広島の町が物が豊かな水の都となるように」との願いが込められている。

昭和20年(1945年)、広島に投下された原爆の爆風により本殿や唐門が瞬く間に破壊され、直後に本殿より出火、他の建物も類焼した。

この時、石灯籠、手水桶などの石造物が残るだけで、樹木は十数本の松の木を残すのみという甚大な被害を受けた。また、境内の楠の大樹は、トンネルのようになって県道に覆いかぶさった状態になった。

また原爆で傷つき市中心部から逃れてきた多数の被爆者の避難所となったが、人々の多くは当社境内で落命した。

戦後に規模を縮小した上で再建されたが、市の道路計画に基いて境内地の一部を譲渡したのを機に、昭和59年(1984年)6月、本殿、拝殿、瑞垣が戦前の姿に復元された。

平成12年(2000年)には大きさが全国2位となる唐門も再建され、平成17年(2005年)、唐門の前に木製の鳥居が再建された。

秋季例祭は10月9日、あるいはそれ以前の日曜日。境内には、元和5年(1619年)の長晟広島入国の翌年以来の伝統ある稲荷神社(祭神:宇迦之御魂命)があり、旧暦2月初午の日、または前の週の日曜日に初午祭が斎行される。

【ご利益】
芸州鎮護、文武両道の神(公式HP
饒津神社 - 広島藩主浅野氏の祖である浅野長政、幸長らを祀る芸州鎮護の「にぎつさん」
【関連記事】
広島県の旧県社 | 府県社とは? - 旧県社(縣社)・旧府社、その都道府県の中で有力な神社
広島県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、広島県に鎮座している神社の一覧
饒津神社の御朱印