いちばんやさしい古事記の本
・刊行:2015/12/24
・著者:沢辺有司
・出版:彩図社

・『いちばんやさしい古事記の本』をアマゾンで購入

日本の神々の物語をまとめた本、これが『古事記』です。日本には、ギリシャ神話や北欧神話にも匹敵する、神々の豊かな物語があります。

太陽神アマテラスが洞窟のなかに隠れて世界が暗黒におおわれたという「天石屋戸隠れ」、毎年娘を襲いにくる大蛇と闘う英雄スサノオの「ヤマタノオロチ退治」、八十神に騙されたウサギをオオクニヌシが救う「因幡の白兎」、天上の神が高千穂に降り立つ「天孫降臨」地方の抵抗勢力を若きヤマトタケルが次々に平定する「ヤマトタケルの戦い」など、『古事記』には多くの有名な神話が収められています。

単に物語を読むだけでなく、『古事記』にはどのようなメッセージが隠されているのか、さまざまな謎を掘り下げる面白さもあります。

『古事記』は大和政権側の視点でまとめられています。

全体としては、大和政権側の「天つ神」が、地方の「国つ神」を平定するという構造になっています。この構造を知っているだけでも、神話への理解が深まります。

また、今も各地にまつられている神々の物語を知ることで、その地方のルーツを改めて見直すこともできます。本書では、さまざまな側面から『古事記』に迫っています。

本書を通して、ミステリアスで奥深い魅力をはなつ『古事記』の世界を堪能していただけたら幸いです。