初期吉原の地主神・産土神、社号は1675年の社殿修復で発見された中啓による
[住所]東京都中央区日本橋人形町2-25-20
[電話]03-3667-4250

末廣神社(すえひろじんじゃ、末広神社)は、東京都中央区日本橋人形町にある神社。日本橋七福神の毘沙門天で、参拝すれば、御朱印を頂ける。

御祭神は宇賀之美多摩命武甕槌命であり、武甕槌命を毘沙門天とする。

江戸時代の初期に吉原(当初葦原と称した)がこの地にあった当時(元和3年<1617年>から明暦3年<1657年>まで)、その地主神、産土神として信仰された。

明暦の大火で吉原が移転してからは、その跡地の難波町・住吉町・高砂町・新泉町の四ヶ所の氏神として信仰された。

勝運を授け、災難をよける神として崇敬を集めた。社号の起源は、延宝3年(1675年)、社殿修復の際に年経た中啓(末廣扇)が発見されたので、氏子の人達が悦び祝って末廣の二字を冠したもの。

関東大震災後の区画整理により、昭和2年(1927年)正月に浪花町三番地から現在地に換地奉遷。昭和20年(1945年)3月10日未明の空襲により、社殿・社務所などを焼失した。現社殿は戦後の復興によるもの。

例祭は5月22日。

【ご利益】
勝運、交渉、五穀豊穣・商売繁盛
末廣神社 - 初期吉原の地主神・産土神、社号は1675年の社殿修復で発見された中啓による
【関連記事】
日本橋七福神 - 東京都中央区の日本橋付近に点在する巡礼札所、御朱印収集最適コース
東京都の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、東京都に鎮座している神社の一覧
末廣神社の御朱印