[訃報]古田武彦氏(89歳)が2015年10月14日に死去、「邪馬壹国」(やまいちこく)論者
古田武彦(ふるた・たけひこ=古代史研究家)氏が2015年10月14日、死去されました。享年89歳。

中国の歴史書『魏志倭人伝』に記されているのは、邪馬台国ではなく、「邪馬壹国」(やまいちこく)だと主張するなど、独自の古代史論を唱えたことで知られ、その賛否はともかく、確実に邪馬台国論争の立役者のお一人であり、後進に与えた影響は極めて絶大。

ご高齢には違いありませんでしたが、残念です。心からお悔やみ申し上げます。

【関連記事】
【邪馬台国論争】邪馬台国はどこか? 卑弥呼は誰か? 今までの研究・論争をまとめてみた
古田武彦『古田武彦が語る多元史観 (古田武彦・歴史への探究)』 - 2013年までの最新業績
古田武彦『俾弥呼の真実 (古田武彦・歴史への探究)』
古田武彦『「邪馬台国」はなかった―解読された倭人伝の謎』 - 邪馬台国九州説
古田武彦『盗まれた神話―記・紀の秘密』 - 九州を主舞台とした最古王朝の存在