例祭の夏祭と「チャッキラコ」が有名な、藤原資盈を祀る相模国三浦総鎮守
[住所]神奈川県三浦市三崎4-12-11
[電話]046-881-3038

海南神社(かいなんじんじゃ)は、神奈川県三浦市三崎にある神社。近代社格では郷社。国の重要無形民俗文化財で、ユネスコ無形文化遺産にも指定されている「チャッキラコ」が有名。参拝すれば、御朱印を頂ける。

相模国三浦総鎮守で、藤原資盈(ふじわらのすけみつ)、資盈の后である盈渡姫(みつわたりひめ)、及び地主大神を祀る。

清和天皇の治世、皇位継承争いに絡んで讒訴を蒙り左遷された藤原資盈が貞観6年(864年)、任地の筑紫国へ赴く途中で暴風によって三浦半島に漂着、当地の長に推戴された。

その後資盈は房総の海賊を平定し、また福祉に努めたため地元民から崇敬され、貞観8年(866年)に資盈が没すると、地元民は祠を建てて祀った。

天元5年(982年)になると、現在の地に社殿が建立され、三浦郡の総社となった。承応2年(1653年)には正一位に列せられ、享保4年(1719年)には三浦半島の総鎮守となった。

明治6年(1873年)に郷社となり、明治40年(1907年)に神饌幣帛料共進神社に指定されている。

本殿(神明造)、幣殿(切妻造)、拝殿(権現造)、神楽殿、社務所、参集殿がある。境内社として、相州海南高家神社(磐鹿六雁命)、疱瘡神社(源為朝。疱瘡の神)がある。

例大祭は、2007年までは7月18日、19日だったが、現在は7月海の日前の土、日。夏祭として大規模に行われる。

6月第一土曜には「おてんのうさま」と呼ばれる八雲祭(やぐもさい)が、11月の初未、申、酉の日には出居戸祭があり、市の無形重要文化財に指定されている里神楽奉納舞が行われる。

チャッキラコは、当社の正月の到来を祝う祭礼で、おおよそ幼稚園の年中児~小学6年生の女の子たちが、音頭取りと呼ばれる女性たちの唄にあわせて踊る。

【ご利益】
病気平癒、家内安全、厄除け
海南神社 - 例祭の夏祭と「チャッキラコ」が有名な、藤原資盈を祀る相模国三浦総鎮守
【関連記事】
重要無形民俗文化財「チャッキラコ」 - 神奈川・三浦に伝わる少女たちの踊り
[日本全国]初詣で人気の神社、その人出は? 参拝者数ランキング | 神奈川県
神奈川県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、神奈川県に鎮座している神社の一覧
海南神社の御朱印