松本城の北隣、暘谷大神社を前身とする、通称・五社神社
[住所]長野県松本市丸の内10-37
[電話]0263-32-8514

松本神社(まつもとじんじゃ)は、長野県松本市にある神社。四柱神社松本城の南方に鎮座するのに対して、当社は松本城の堀を隔てて北隣に鎮座し、地元では「ごしゃ(五社)」と呼ばれている。

前身は、縁結び及び郷土発展の神として信仰を集めた暘谷大神社(ようこくだいじんじゃ)。

暘谷大神社は松本城主松平康長と松姫の子の虎松(孫六郎永兼)を祀る社として知られていたが、寛政9年(1797年)に、今宮八幡宮(戸田氏の先祖戸田宗光)、片宮八幡宮(戸田氏以前の三河国田原領主一色義遠)を勧請して合祀した。

天保2年(1831年)には更に共武大神社(松平康長)、淑慎大神社(松姫)と合祀して五社神社とし、1953年の若宮八幡宮(松本城の前身深志城の築城者島立貞永)との合祀を期に、名称を松本神社と改めた。

御神木の大欅は境内の外、道路の中央分離帯上にある。

松本神社と号する神社はありそうでいて、実は全国的にも珍しい。男性アイドルグループ「嵐」(ジャニーズ事務所)の聖地(メンバーの松本潤にちなんで)とされる松本神社は京都府城陽市にある。

嵐メンバーの名前にちなむ名称のある神社を嵐神社などと総称する場合があるが、松本を号する神社は少ないにもかかわらず、またメンバーの人数にも合った「五社神社」の別称があるにもかかわらず、嵐神社が主に関西圏について言われることが多いためか、当社については特段言及されることはない。

【ご利益】
縁結び及び郷土発展、厄祓い、武運長久
松本神社 - 松本城の北に隣接する、暘谷大神社を前身とする、通称・五社神社
【関連サイト】
嵐神社 - 男性アイドルグループ「嵐」のメンバーの名前などと関連のある日本全国の神社

【関連記事】
嵐神社とは? - アイドルグループ「嵐」ファンの聖地、ライブチケット抽選祈願や神社めぐり
長野県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、長野県に鎮座している神社の一覧