金山昌秀
金山 昌秀(かなやま まさひで、かねやま まさひで、か。Kanayama Masahide or Kaneyama Masahide)。2015年6月に逮捕状が請求された時点で、各種報道で52歳とされたため、1962年あるいは1963年ごろの生まれ。公称では東京出身。昭和54年(1979年)の官報に年齢も相似(昭和37年<1962年>9月8日生まれ)する同名者が日本に帰化したことが掲載されている。その際の本名は金昌秀で、在日韓国人。宗教団体IMMの創設者、ディレクター。

以下、公式HPにある公式プロフィール。
17才の時イエス・キリストと個人的に出会いクリスチャンとなる。神様からクリスチャンドクターとしての使命を受け渡米、医師となる。

その後ニューヨーク子宮内膜症センターを開設。その卓越した技術、多くの奇跡の癒しが評判となり、世界中から訪れる子宮内膜症や難病患者は絶えない。

2006年以降、子宮内膜症不妊症分野の全米トップドクターとして選ばれ続けている。

また、自らもマーケットプレイスミニスター(宣教師)であり、イエス・キリストの証人として世界各国の教会、ミニストリーから招待を受け遣わされている。
IMMの公式サイトに掲載されている現在の肩書は以下の通り。
・IMM JAPAN創立者、ディレクター
・ニューヨーク子宮内膜症センター所長
・米国産婦人科学会認定専門医
・ニューヨーク Mount Sinai 医大生殖医学科臨床助教授
・Johns Hopkins大学医学部病理学客員研究員
・Global Koinoniaミニストリー(ノルウェー)理事及び国際顧問
2015年、日本全国各地の寺社で油のような液体がふりかけられる事件が起こり、千葉県警は6月1日逮捕状を請求したと報道されたが、その容疑者が金山昌秀だとされる。

キリスト教と油は深い関係にあり、聖書にも油は頻出するが、特にIMMでは「清め」の意味を持たせて、悪霊などに油を降り注ぐ行為を行っている、と、金山昌秀らが集会などで発言、具体的には公開されている動画などで「100か所以上で油をまいた」「神社は悪霊の巣窟です。油を降り注ぎ、清めました」などとも。

被害があった香取神宮(千葉県香取市)をはじめ、複数の寺社の防犯カメラに映っている男が、金山昌秀と断定されたことによる。なお、6月1日逮捕状に関する第一報では、日本の主要メディアにおいて、宗教団体名も金山昌秀の名も報じられておらず、インターネット上で情報が飛び交った。

千葉県以外の他の府県における被害についても、金山昌秀やIMMとの関連が引き続き調査されている。

2015年3月の千葉、京都、奈良、山形など足取りが解明
6月3日になって、その足取りの全容が判明した。2015年3月21日に入国。25日に成田空港近くでレンタカーを借り、千葉県銚子市で宿泊。この日、成田山新勝寺、香取神宮の順で、防犯カメラに男とみられる人物が映っている。

翌26日、男は関西に移動。この日、京都の東寺の防犯カメラに男とみられる人物が映っている。男は、京都をレンタカーで移動しているのが確認されているが、28日は奈良県桜井市の旅館に宿泊。

男の宿泊先近くの寺や神社では、液体がまかれる被害が相次ぎ、複数の防犯カメラに男とよく似た人物が映っている。

そして29日に千葉県君津市、31日は山形県天童市で宿泊。4月1日、成田から出国。(TBS NEWS

千葉県警は米ニューヨーク在住の金山昌秀が日本に戻るタイミングで事情を聞き、逮捕に踏み切る方針。しかし、移動ルートを変更しており、日本に立ち寄らない可能性が大きくなってきていることもあり、外務省に対して、パスポートの失効を求めているという。(産経新聞

一方、逮捕状が出された後も、ニューヨークに滞在し、医師として診療を続けているとの情報もある。なぜ油をかけたのかという記者の質問に対して、無言を貫いている映像がある。(FNN

インターコープ、韓国との関連
2013年まではインターコープ国際宣教理事の肩書があった。インターコープは、非キリスト教地域に対して海外宣教を行う韓国で設立された宣教団体。韓国の報道でも、インターコープは「(海外布教において)優越的、征服的、排他的、一方的、誇示的、競争的」であり、「排他的な過激団体でキリスト教以外の文化財を破壊する恐れあり」とされている。

現在、その肩書きがないことは、すでに辞任した、あるいは隠しているのどちらかの可能性が考えられる。後者の場合、韓国との関わりや、過激な宗教団体との関与を隠ぺいする目的があった、と疑われている。

一部の情報では在日韓国人。一部報道で、17歳の時(本人曰く、イエス・キリストと出会った時)、日本に帰化したとも。上述のように同年の官報にそれらしい記載がある。実姉・金山梨花(現在・ダイヤモンド電気社長。ダイヤモンド電機<大阪の上場企業>ではない)は在日韓国人だと告白しているという。

しかし、日本国籍があることはほぼ確実で、日本の主要メディアの報道では、「日本人」「日本国籍」の米ニューヨーク在住の医師などと報じられている。YouTubeなどにアップされているIMMの集会の模様などを見ると、流ちょうな日本語を話す。

数年前から犯行を繰り返していた?
また、金山昌秀らしき人物が数年前から日本の各所(寺社を含み、城など)に油をふりかける行為を行っていた、との指摘もある。元信者からも「2013年ごろから油をまいていた」などの証言があるほか、「IMMは金山昌秀という個人の崇拝を求めるもので、キリスト教と呼べるものではない」(産経新聞)とも。

近年はオカルト教祖としての悪名が広がり、信者離れが加速していた模様。それが、2015年になってからの事件の背景になっている可能性がある。

宇多田ヒカル、坂本龍一と接触しようとしていた
一部報道では、2ショット写真を撮ることを目的に、宇多田ヒカル、坂本龍一など著名人との接触を画策していた(東スポ)、とも。布教のための広告塔にしたかったとのこと。

IMMとは? - 東京新宿にオフィスある、油ふりまき容疑の金山昌秀設立の宗教団体

【関連記事】
寺社に油のような液体、逮捕状が出ているNY医師の旅券返納期限、しかし米国永住権あり?
寺社に油のような液体、逮捕状が出ているNY医師にパスポート返納命令、15年10月14日期限
2015年全国社寺の油被害、米在住宗教団体幹部に逮捕状、その後のニュースまとめ
2015年に発覚した全国社寺の油被害、米在住宗教団体幹部に逮捕状第一報、ニュースまとめ

寺社に油のような液体、千葉県警が東京出身のキリスト教系の宗教団体幹部に逮捕状
「他の宗教を認めない=その宗教施設に何をしてもよい」が、悲しいことに日本でも目立つ件
奈良・京都など世界遺産含む寺社に油のようなものがまかれていた被害、事件の推移の時系列