Google画像検索「ハニワ課長」
首から上は埴輪(はにわ)、その下はきっちりダークスーツ。堺市の謎めいたPRキャラクター「ハニワ課長」(はにわ課長、埴輪課長)がインターネット上で話題をさらっていると言います。朝日新聞が報じています

古墳の街をアピールしようと市が2014年製作。しかし、ホームページに登場しただけで話題にもならず、「廃棄寸前」だったようですが、先週、民放の情報番組に出演したところ、シュールな姿でたちまち人気者になったそうです。

しかし現在、堺市の公式サイトには「ハニワ課長」はいないようです(2015年6月2日午前8時調べ)。堺市の公式サイトは行政の中でもかなり充実している方(更新頻度も含め)なので、引っかからない、ということは、やはり一旦は「破棄」の方向で進んでしまっているのかもしれません。

ただ、人気再燃となれば、特に「破棄」する必要もなくなり、復活する日もそう遠くないでしょう。

堺市は、藤井寺市や羽曳野市などと協力し、大阪初の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の登録を目指している最中。現在は日本国内での選考中で、2015年7月にも結果が出ます。

「ハニワ課長」の破棄寸前からの復活ブレイクが選考突破を後押しするか、注目です。

【関連記事】
百舌鳥・古市古墳群 - 大阪初の世界遺産登録を目指す、世界に誇る古事記時代の建造物群
2017年世界遺産登録 - 国内推薦で沖ノ島、佐渡金山、縄文文化、巨大古墳の4件から一本化
世界遺産候補「百舌鳥・古市古墳群」から、被葬者が古代天皇のものを抽出して人物紹介
大和・柳本、馬見、佐紀、古市、百舌鳥の畿内五大古墳群の前方後円墳を編年で並び替えた
古墳ランキング - 全長200メートル超級TOP35、奈良19、大阪14、岡山2、京都1、群馬1