敦賀西町の綱引き(つるがにしまちのつなひき)
種別1:風俗慣習
種別2:娯楽・競技
公開日:毎年1月15日
指定日:1986.01.14(昭和61.01.14)
都道府県:福井県
所在地:敦賀市

我が国の綱引き行事は、元来庶民の間に根ざす信仰から発生した行事で、生業・社会構成・世界観などの相違から複雑な様相を呈して行われてきたものの、その根底には生業や人生などに対する願いがこめられていた。

福井県敦賀市に伝わるこの綱引き行事は、石塚資元(安永7年〈1778〉-嘉永3年〈1850〉)の著『敦賀志』の中にも見え、京都に近い日本海有数の港町として栄えた敦賀に伝承されてきたもので、魚市場や雑穀類などの商いで賑う西町(現相生町西町通り)で行われてきた。

現在では、前日の14日に引き綱をうち、長さ約50メートル、中心部の太さは直径約25センチに仕上げる。15日午前中には道路脇にやぐらを組み、通りに面した北側に、東西に延ばしたままに引き綱を軒高に吊り渡しておく。これに多くの細い綱を取り付けたり、中心部より東側の部分には、タイ・タコ・エビなどの魚類を形どった飾りものを、また、西側の部分には打ち出の小槌・米俵・土蔵の鍵などを形どった飾りものを吊り下げる。

これらと並行して、当番の家でエビス・大黒を祀る祭壇をしつらえ、その門前脇にサギチョウと称する枝葉のついた竹を立て、これに御幣や日の丸を描いた扇子などを取り付けて飾る。

綱引きに先立って当番の家で祭事があり、これが終わってから、年男2人が、エビスと大黒に扮して仮面・衣装をつけ、保存会の人々が隨行して「エビス勝った、大黒勝った、エー、エー、エー」と呼びながら町内を一巡する。

一行が当番の家にさしかかった折を見計らってサギチョウタオシ(左義長倒し)がなされ、ほぼ町内の中央にさしかかると、軒下に吊り下げられていた引き綱が高く持ち上げられ、さっと路上におろされる。

その瞬間に待機していた人々が東のエビス方と西の大黒方に分かれて綱の引き合いを開始する。往時、綱引きはヒキアイ(挽合)と呼ばれ、漁民や海産物に関する商人は東のエビス方に、農民や農産物に関する商人は西の大黒方に分かれて引き合ったと伝えられ、勝負は1回きりで、エビス方が勝てば豊漁に恵まれ、大黒方が勝てば豊作になると占われる。

保護団体名:夷子大黒綱引保存会
重要無形民俗文化財「敦賀西町の綱引き」 - 1回勝負、エビスが勝てば豊漁、大黒が勝てば豊作
【関連記事】
左義長・どんど焼きとは? - 小正月に正月飾りを焼き上げる行事、日本三大左義長・日本一
福井県の重要無形民俗文化財 - 都道府県別に整理