今さら邪馬台国07 - 元祖歌姫・シタテル、魏志倭人伝の邪馬台国への道程の記述についてコメントす
魏志倭人伝の、「1.距離方角」に掲載された邪馬台国とそれまでの国々と道程だけを抽出します。

国々の官と風俗・様子、戸数を省略した(後述します)ほか、論によっては大切とされる道程も一部省略していますが、できるだけ簡易にすることに重点を置きました。

・狗邪韓国 : 帯方郡から(中略)狗邪韓国に至る。7000余里。
・対馬国 : 初めて海を渡ること1000余里、対馬国に至る。
・一大国 : また南に海を渡ること1000余里、一大国に至る。
・末盧国 : また海を渡ること1000余里、末盧国に至る。
・伊都国 : 東南陸行すること500里、伊都国に至る。
・奴国 : 東南、奴国に至る。100里。
・不彌国 : 東行、不彌国に至る。100里。
・投馬国 : 南、投馬国に至る。水行二十日。
・邪馬台国 : 南、邪馬台国に至る。女王の都。水行十日、陸行一月。

女王国より北は、戸数や道程を記載することも可能だが、という文章が続きますので、普通に読めば、邪馬台国より北に、投馬国以前の国々がある、つまり、これらの国々で邪馬台国が最南端、ということになります。

遠くて詳細が分からない国々として、20カ国挙げた後、最後に再び奴国が登場(上記の奴国と同一かどうか議論がある)して、「女王の境界が尽きるところ」となります。

その南に狗奴国があり、「女王に属さず」とありますので、邪馬台国の南に狗奴国がある、と考えられます。

そして、郡から女王国まで12000余里、との記述で、行程記述は終了します。

以上をどのように解釈するか(大雑把に言えば、直列方式と、榎一雄などが提唱した伊都国などを起点とする放射説)、で、邪馬台国、女王国がどこか、という100年以上も続く論争になっている、と言えます。

下の図は、そうした論争(直列・放射)も含めた邪馬台国への道程イメージ図。
邪馬台国への道程 - 仁藤敦史『卑弥呼と台与―倭国の女王たち』P16