・掲載:『古代文化』十二ノ七、昭和16年 (1941年)

倭人伝の記載は、必ずしも当時の風俗を正確に描写したかどうか、多少の疑念を挟まざるを得ない、と指摘、魏の使者が北九州以外の地に足を踏み入れなかったらしいこと、古代文化の大勢から見て、邪馬台国は大和であり、これと争った狗奴は毛野であろう、と指摘した。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 畿内説