誤読だらけの邪馬台国―中国人が記紀と倭人伝を読めば… (ジアス・ブックス)
・刊行:1992/7
・著者:張明澄
・出版:久保書店

・『誤読だらけの邪馬台国―中国人が記紀と倭人伝を読めば… (ジアス・ブックス)』をアマゾンで購入

魏志「倭人伝」は読む人によって邪馬台国が大和、北九州を中心にあらゆる場所に比定されてきた。しかし、漢文を母国語としている中国人が「倭人伝」を正しく読むと、そこには邪馬台国の位置が明確に記されていた。

本著で張明澄は、邪馬台国の場所を鹿児島県出水市にある出水平野に比定している。

【関連記事】
【邪馬台国論争】今までの研究・論争まとめ - 九州説 - 鹿児島県