雪祭(ゆきまつり)
種別1:民俗芸能
種別2:その他
公開日:毎年1月14日の午後から翌15日
指定日:1977.05.17(昭和52.05.17)
都道府県:長野県
所在地:伊豆神社(阿南町)

これは長野県阿南町に鎮座する伊豆神社の祭りで、古くは御神事、田楽祭などとも呼ばれた。

雪祭の名は、大正年間折口信夫がこの地を訪れて以来のことで、この祭が、雪を豊年の予兆とみて必ず神前に供えなければならないという民俗をもっているところからきたものという。

芸能は内輪衆、上手(わで)衆、平(ひら)、後立(ごたつ)、市子(いちこ)などの演技者組織をもって行なわれ、14日午後伊豆神社で、まず神楽殿の儀、がらん様の祭、本殿の儀がそれぞれ「びんざさら舞」「ろん舞」「万歳楽」などの舞をもって奉仕される。

ついで庭上に大松明を立てて、それに御船渡しを行ない、その下で庭能(さいほう、もどき、翁、まつかげ、田遊びなど)が夜を徹して演じられる。

これは芸能史の研究に重要な資料と暗示を提供し、斯学の発展に一大飛躍をもたらしたものである。

保護団体名:伊豆神社雪祭り保存会
重要無形民俗文化財「雪祭」 - 長野県阿南町の伊豆神社、折口信夫が命名した行事
【関連記事】
浜松市長が静岡、愛知、長野の三遠南信地域の民俗文化財で「日本遺産」目指すと明言
長野県の重要無形民俗文化財 - 都道府県別に整理