佐渡の車田植(さどのくるまたうえ)
種別1:風俗慣習
種別2:生産・生業
公開日:毎年5月下旬
指定日:1979.02.03(昭和54.02.03)
都道府県:新潟県
所在地:佐渡外海府の北鵜島

我が国における古い形態を伝える田植習俗として佐渡外海府の北鵜島に伝承されているのが、佐渡の車田植である。

田植前に苗代田から苗3束を迎えて田の神を祀り、その後、苗を田主が車田へ運び、田面へお神酒を注いでから田植が行われる。

田植は、3人の早乙女が畦の三方から中央へ進み、半束を田の中心に寄せ合わせるように植えた後、車状に外側へと後ずさりしながら植えつけていく。

佐渡の車田植は、田植じまいになされる慣わしであること、それが旧家の最も広い田でなされること、田植に際して畦で田植歌が歌われること、および稲刈り・乾燥・籾すりが他の田と区別してなされることなど、古い農耕習俗を示す典型例の1つとして極めて重要なものである。

保護団体名:佐渡の車田植保存会
重要無形民俗文化財「佐渡の車田植」 - 古い農耕習俗を示す典型例の1つとして極めて重要
【関連記事】
新潟県の重要無形民俗文化財 - 都道府県別に整理