・所在地:宮崎県宮崎市大字跡江

・時 期:3世紀末~4世紀前半
・時 代:古墳時代前期
・形 状:前方後円墳
・特 徴:-
・指 定:国の史跡

【概要】
生目古墳群として国の史跡。

全長136メートル、高さ17メートルの前方後円墳。一説に当古墳群最古といわれる。箸墓古墳(奈良県・桜井市)の2分の1の大きさの相似形と言われ、その関係に注目されている。

2015年1月、ほぼ完全な形で葺石が確認された。

【関連サイト】
生目古墳群 - Wikipedia

【関連記事】 
前方後円墳の表面を覆う「葺石」がほぼ完全な状態で確認 - 古墳時代前期、宮崎の生目古墳群