堺市東京
大阪府堺市は、「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録に向けて、古墳及び古墳群の魅力や歴史的価値、雄大さに加え、これまでの陵墓管理の歴史などについて各分野の専門家から情報発信するとともに、「歴史・文化都市 堺」の今後のまちづくりの方向性などについて情報発信する、「百舌鳥・古市古墳群」魅力発信シンポジウムを開催します。画像は百舌鳥古墳群の紹介、堺市の公式サイト

第十六代仁徳天皇の陵とされる大仙陵古墳(堺市)を有する百舌鳥古墳群、第十五代応神天皇の陵とされる誉田御廟山古墳(羽曳野市)を有する古市古墳群。大きさで日本のNO.1とNO.2の古墳の最新かつ生の情報を東京でもキャッチできるチャンスですね。

■日時 2015年2月2日(月)13:00-16:50(開場12:30)

■場所 時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)

■プログラム

13:00 開演
13:05 主催者挨拶
13:00 基調講演「百舌鳥・古市古墳群の魅力」 - 白石太一郎氏(大阪府立近つ飛鳥博物館館長)
14:10 講演「陵墓管理の歴史」 - 福尾正彦氏(宮内庁書陵部陵墓課陵墓調査官)
14:50 休憩
15:00 バーチャルリアリティ映像作品「百舌鳥古墳群‐時を超えて‐」上映
15:20 パネルディスカッション

・テーマ「百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録に向けて」
・コーディネーター:柳澤伊佐男氏(NHK解説委員)
・パネリスト:西村幸夫氏(日本イコモス国内委員会委員長)、白石太一郎氏、竹山修身(堺市長)

16:50 閉会

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要。先着300名まで。申し込みの詳細などはこちら(PDF)から。

【関連記事】
百舌鳥・古市古墳群 - 大阪初の世界遺産登録を目指す、世界に誇る古事記時代の建造物群
世界遺産登録を目指す仁徳陵や応神陵など「百舌鳥・古市古墳群」、推薦書原案を取りまとめ
「スケール、カタチ、ロマン、世界無二」 - 世界遺産目指す百舌鳥・古市古墳群のPV(15秒)
堺市とファミマが提携、全国1万店舗以上のレジで大仙陵古墳の世界文化遺産登録PR
百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録で、堺市とイオンが電子マネーカードWAONで包括連携