読めば読むほど面白い『古事記』75の神社と神様の物語 (王様文庫)
・刊行:2015/1/30
・著者:由良弥生
・出版:三笠書房

・『読めば読むほど面白い『古事記』75の神社と神様の物語 (王様文庫)』をアマゾンで購入

とてつもない面白さ! “あの神社”の神様は本当はこんなに……!? 日本が世界に誇る神話『古事記』は〔神社〕がわかると、さらにさらに楽しい!

【雰囲気満点】“あの世”に一番近い!?〔揖夜神社〕
【親子参り】お伊勢お多賀の子でござる♪〔多賀大社〕
【出雲大社の祖神は?】日本の夜を守る〔日御碕神社
【神が宿る山】本殿がない不思議な〔大神神社〕
【奈良の鹿は…】白い鹿に乗って現れた神様〔春日大社〕
【サッカー日本代表】神武天皇の道案内役〔八咫烏神社〕
ヤマトタケルの慟哭】「ああ、亡き我が妻よ!」〔吾妻神社〕

一歩踏み込むと、そこは奔放でミステリアスな神話世界! 個性的な神々の「物語」と、その神々が住まう「神社」から『古事記』をわかりやすく読み解く――。

何度読んでも時間を忘れる、魅惑の1冊!