黒森神楽(くろもりかぐら)
種別1:民俗芸能
種別2:神楽
公開日:黒森神社例祭(7月)、冬季間のカスミ巡行(1月~)
指定日:2006.03.15(平成18.03.15)
都道府県:岩手県
所在地:宮古市山口

黒森神楽は、黒森神社の神霊を移した権現様と呼ばれる獅子頭を持って地域の家々を訪れ、太鼓と笛、手平鉦(てびらがね)の伴奏によって、門口などで家内安全や豊作・豊漁、厄払い、供養などさまざまな願いに応じて舞い、夜には地区の民家の座敷などで、儀式的な演目や筋のある演劇的な演目などを演じるものである。

宮古市は岩手県東部にあたり太平洋に面している。宮古市街地の北側に、海に接して標高330メートルの黒森山があり、その中腹に黒森神社がある。黒森山は海上交通の目印の一つであり、山麓からは奈良時代とされる仏教具が発掘され古代から信仰を集めていたことがわかる。

黒森神社は、14世紀の棟札により、中世以来の歴史が確認されている。同社は、かつて黒森観音、黒森薬師、黒森大権現社などと呼ばれていた。黒森神社に伝わる獅子頭で、最も古い銘文をもつものには文明17年(1485)とあり、そのころには獅子頭が同社の儀礼で使われていたとされる。

黒森神社の権現様による地域巡行の記録は、17世紀末のものが残っている。黒森神楽の巡行は、同神社の社前で神霊を権現様に移す「舞立ち」から始まる。この「舞立ち」つまり、その年の巡行の始まりは、かつては農作業や山仕事が終わった11月ころであったが、現在では1月3日である。

黒森神社を出発し、地域を巡って、また同社に戻るのは、それから30日から40日後。巡行は、宮古市の北方にあたる岩泉町、田野畑村、普代村、野田村、久慈市を巡る北廻りと、同市南方にあたる山田町、大槌町、川井村を巡る南廻りがあり、年ごとに、それを交互に行っている。

昼の巡行が終わると、夜には宿に近所の人びとが集まる中、多くの演目を舞う。これらを夜神楽とも呼ぶ。現在、夜神楽の演目は合計三九演目で、そのうち一晩で一二演目ほどを舞う。同じ宿に続けて宿泊する場合は、前夜と異なる演目を選んで舞う。

保護団体名:黒森神楽保存会
重要無形民俗文化財「黒森神楽」 - 獅子頭を持って地域の家々を訪れ、昼夜で舞や演目
【関連記事】
黒森神社 - 義経ゆかり「九郎森」、重要無形民俗文化財の黒森神楽が伝わる古くから霊山
遠野郷八幡宮 - 総鎮守、恋愛成就のパワースポットで、9月の例祭には流鏑馬や郷土芸能
岩手県の重要無形民俗文化財 - 都道府県別に整理