弘前のねぷた(ひろさきのねぷた)
種別1:風俗慣習
種別2:祭礼(信仰)
公開日:毎年8月1日-7日
指定日:1980.01.28(昭和55.01.28)
都道府県:青森県
所在地:弘前市

この行事は、いわゆる「ねむりながし」の習俗、すなわち仕事の妨げとなる眠気を送り出す習俗が風流化したものである。このような災厄を払い、無事息災を祈る行事は、東北地方をはじめ各地に見られるが、特に青森市と弘前市では盛大なものが行われてきた。

弘前のねぷたは、扇形をしている扇ねぷたで、台上に扇形の箱をつくり、これに紙を張り、その紙に歴史上の人物や物語上の人物等で勇壮なものを描いて、この扇形の箱の中に灯を入れたものである。

行事では、笛・太鼓の囃子につれて「ヤーヤド、ヤーヤド」の掛声で気勢をあげて多勢がねぷたを曳く。

ねぷたは各町内会、愛好会、職場団体等がこれを運行するが、ねぷたの骨組み、絵、囃子等にたずさわる人々は、弘前市内全域にわたっている。

大小数十のねぷたの中には古風をよく残したものも多く、青森のねぶた(昭和55年1月28日重要無形民俗文化財指定)と並んで貴重なものである。

弘前ねぷたまつり(ひろさきねぷたまつり)は毎年8月1日から7日まで開催される。毎年150万人以上が訪れ、これは青森ねぶた祭り、仙台七夕まつりに次いで、東北の夏祭りでは多い来場者数。

弘前四大まつりの一つで最大のものであるが、ツアー商品などによっては、東北二大祭りに数えられるものの、一般的な東北三大祭りなどには数えられない。時に、「弘前のねぶた」とも(濁るものは通常青森のものとされるが)。

保護団体名:弘前ねぷた保存会
重要無形民俗文化財「弘前のねぷた」 - 扇形をしている扇ねぷた、勇壮な人物画を描き
【関連記事】
青森県の重要無形民俗文化財 - 都道府県別に整理