天照大御神は卑弥呼である -真説・卑弥呼と邪馬台国- (Shinkosha Selection―日本を識る)
・刊行:2009/12/20
・著者:安本美典
・出版:心交社

・『天照大御神は卑弥呼である -真説・卑弥呼と邪馬台国- (Shinkosha Selection―日本を識る)』をアマゾンで購入

畿内説を打ち負かす!! 安本史学の集大成、決定版!! 古代史最大の謎が解き明かされる!!

古代史研究の第一人者が、内容分析学・数理文献学など情報科学の手法を駆使して、単なる推測ではない「邪馬台国=九州」、「卑弥呼=天照大御神」を論証する。

古代史ファンならずとも読まずにいられない決定的な一冊!!

吉野ケ里遺跡や平塚川添遺跡を含む最新の情報・データ、あらゆる古文献・発掘資料などを分析整理し、天照大御神(アマテラス)と卑弥呼の活躍する時代を特定。

天照大御神は卑弥呼の神話化した姿だったことを明らかにする。