・所在地:山梨県甲府市下曽根町

・時 期:4世紀後半
・時 代:古墳時代中期前半
・形 状:円墳
・特 徴:-
・指 定:国の史跡

【概要】
甲斐銚子塚古墳の前方部から80メートルほど東側にある、東山古墳群に属する円墳。直径約72メートル、高さ11メートル、墳丘は2段築成で埴輪を備え周堀を巡らせている。甲斐銚子塚古墳とともに国の史跡に指定されている。

墳頂部に長さ5.5メートルの割石小口積みの竪穴式石室があって、石室内から画文帯神獣鏡・鉄刀・鉄斧・鉄鏃・鎌などが出土。さらに石室とは別に粘土床があり、石釧が出土したという。

古墳周辺(東山古墳群)は曽根丘陵公園として、日本の歴史公園100選の一つ。

【関連サイト】
銚子(ちょうし)塚古墳附(つけたり)丸山塚古墳 - 甲府市