天孫降臨 I(大古事記展) - ぶっちゃけ古事記
大古事記展prev     大古事記展next
・天孫降臨 I(てんそんこうりん I)
・大古事記展 - I.古代の人々が紡いだ物語 「創」 ニニギ

・絹谷幸二
・平成24年(2012年)
・個人蔵

・「絹谷幸二」に関する商品をアマゾンで探す

高天原からニニギを筆頭に、神々が天の八重のたな雲を押し分けて、天の浮橋に立ち、葦原の中つ国へと降り立っていく様子を描いたもの。天の岩戸 曙光とともに、絹谷氏が古事記編纂1300年にちなみ古事記を題材に制作された連作の内の一点。

今回の大古事記展では、「創」のニニギの部分で、いずれも天孫降臨が題材となった作品が展示されているが、それらの作品(肇國創業絵巻 瓊瓊杵尊降臨『日本神話シリーズ』天孫降臨天之八衢)が天孫降臨の中でも、アメノウズメサルタヒコの対峙にフォーカスしたものに比べ、これは完全にニニギが主役になった作品。

中央、ひときわ大きく描かれ、白馬にまたがったのがニニギと思われる。その雲の下は太陽がさんさんと照っており、南九州の山々を照らしている。日向の高千穂の峰はどこだろうか。

戦闘の兵士が抱えているのは、南九州の隼人が使用したとされる隼人の楯。実際にも、九州の勢力も取り込みつつ、降臨したものと思われます。隼人の楯は、復元品ではあるが、大古事記展でも展示されている。

大古事記展
 > I.物語「創」 > 天孫降臨 I

・「絹谷幸二」に関する商品をアマゾンで探す

【関連記事】
大古事記展で開幕式 10月18日-12月14日に奈良県立美術館で開催
奈良「大古事記展」の展示内容記者会見 国宝や古社神宝など多数展示予定
10月18日から始まる“語り継ぐココロとコトバ”「大古事記展」の関連イベント情報
10月から始まる奈良「大古事記展」の概要が発表される 「感じる」古事記とは?

大古事記展は2014年10月18日-12月14日に奈良県立美術館で開催
「語り継ぐココロとコトバ 大古事記展 五感で味わう、愛と想像の物語」特設ページ
「語り継ぐココロとコトバ 大古事記展 五感で味わう、愛と想像の物語」公式Facebook