天之菩卑能命(あめのほひのみこと=アメノホヒ)縦480px
オオクニヌシの奮闘史を聞かされ、思わず感極まった。

アマテラスの鶴の一声で始まった高天原による葦原中国平定、つまり葦原の中つ国側から見れば国譲り。最初に派遣されたアメノホヒが、葦原の中つ国に到着し、その王オオクニヌシと直談判。しかしオオクニヌシもせっかく築き上げてきた王国を「はい、そうですか」と譲るわけにはいかない。そこでおそらくはアメノホヒを懇々と諭したはず。

それを聞いた時のアメノホヒの反応。

あまりにも感激したのか、涙ぐみます。今の出雲大社禰宜一族に連なる一大決心へと続きます。

【この一言の出典】
アマテラス「今後、あたしの息子が治める国にすっから」で始まった国譲り

アメノホヒ - ぶっちゃけ古事記のタグ
5.葦原中国平定 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

【関連キャラ】
アメノホヒ - オオクニヌシに心酔したアマテラスの子
アマテラス - 「譲って、ください…」ですべて始まる
オオクニヌシ - 国つ神のドンは破天荒な女好き

【古事記の神・人辞典】
アメノホヒ