沼羽田之入毘売命(ぬばたにいりひめのみこと)

『古事記』に記載のある女性。

第11代垂仁天皇の妃の一人。

父は第9代開化天皇の皇子ヒコイマスの子であるヒコタタスミチノウシ、姉に垂仁天皇の皇后となるヒバスヒメ、妹に垂仁天皇の妃になるアザミニイリビメがいる。

ヒコタタスミチノウシの娘とされるオトヒメとの関連は不明。

皇子として、ヌテシワケイカタラシヒコをもうける。

【主な登場場面】
義兄に皇后を寝取られた垂仁天皇、反逆され討伐するも子どもは「育てます!」

【関連記事】
大國神社(伊勢崎市) - 手を洗う大国主命が国難除去を手伝う、皇族の女性5人を祀る