軽大郎女(かるのおおいらつめ=カルノ)

允恭天皇の皇太子カルミコが、同母妹のカルノと禁断の恋に走ってしまい、カルミコは皇太子を廃され伊予に流されたが、それを追っていったカルノ。ふたりは遠く伊予の地で再会を果たし、愛を紡ぐが、それも長い間続かなかった。ふたりは将来を悲嘆したのか、伊予の地で心中します。その時にカルノがつぶやいたと思われる一言。古代史上最大の悲恋。

【この一言の出典】
同母兄妹、禁断の情事 皇位を追われ、伊予に流されて心中する兄妹ふたり

カルノ - ぶっちゃけ古事記のタグ
16.允恭天皇 - ぶっちゃけ古事記のカテゴリ

カルミコ「カワイソス、が、一緒に逝くか」

【古事記を彩る姫たち】カルノ - 日本古代史上最高の美女は兄妹愛に殉じて伊予に散る

【収録歌】
カルミコ、愛しの同母妹カルノと心中する前に詠んだ愛の歌

【関連キャラ】
カルノ -  日本古代史上NO.1美女は積極的行動派 
カルミコ - 禁断の近親相姦に走る日本最古の歌人