神社と古事記

日本の信仰の本質を探り、歴史と現在を結ぶ

古代ラブロマンス・オペラへようこそ!
神社大全 御朱印 稲荷 八幡 鳥居
一宮 別表 艦内神社 創建順 天皇家
伊勢神宮の御朱印 125社 参宮 全参拝
ヒミツ:八幡神 神宮 伊勢親拝 猿田彦

タグ「3世紀」を含む記事一覧

箸墓と同時期・同形状の京都向日市の五塚原古墳、やはり箸墓とソックリ - 現地説明会

香川県高松市でまた双方中円墳、3例目、全国で4例しかない特徴的な形 - 現地説明会

滋賀県彦根市の稲部遺跡などで弥生後期・古墳前期の大規模集落を確認、現地説明会

兵庫県豊岡市の藤井古墳群で古墳時代後期の方墳と弥生後期の墳墓を確認、現地説明会

徳島県南部・太平洋側の前方後方墳、実は邪馬台国時代の弥生墳丘墓だった? - 寺山3号墳

鳥取県南部町の「浅井11号墳」に、山陰地方最古の前方後円墳の可能性 - 現地説明会へ

大阪府寝屋川市で、邪馬台国と同時代の集落跡発見 2015年9月26日に現地説明会 - 小路遺跡

高尾山古墳の今後を再検討する公開協議会が始まる、古墳の重要性やこれまでの経緯 - 沼津市

駿河国の始まりは、愛鷹山麓部族と狩野川流域部族をまとめた高尾山古墳に眠る王による

市長が折れた! 高尾山古墳の破壊を白紙撤回、国の史跡もあり得ます - 静岡県沼津市

「初期国家形成を知る上で重要。破壊すれば価値を失う」高尾山古墳に関する講演会 - 沼津

破壊危機の高尾山古墳、沼津市長「ただちに(破壊)予算を執行せず」 保存に向けて再検討

高尾山古墳の破壊予算が承認される、後は時期の問題か、市長の判断に期待 - 沼津市

沼津市の高尾山古墳、保存求める三団体が陳情書を提出、市長の定例会見もトーンに変化?

日本の成り立ちの鍵握る貴重な遺跡・高尾山古墳を守る団体が三つ発足、ネット署名も - 沼津市

道路建設で破壊危機の高尾山古墳、保護求め市民が立ち上がる 市の損得勘定との戦い - 沼津

卑弥呼の墓より先行する、最初期の高尾山古墳の破壊方針(撤回へ)、ニュースまとめ - 静岡・沼津

静岡沼津市の、箸墓古墳とほぼ同時期と思われる62メートル前方後方墳が“破壊”の方向で調整進む

行橋市の延永ヤヨミ園遺跡で発見された木樋は3-4世紀の「導水施設」、国内最古級 - 福岡県

大和・柳本、馬見、佐紀、古市、百舌鳥の畿内五大古墳群の主要な前方後円墳を編年で並び替えてみた

纒向遺跡で初、古墳前期の卜骨が出土 邪馬台国議論よりも今後の大きな発見に期待 - 桜井市

前方後円墳の表面を覆う「葺石」がほぼ完全な状態で確認 - 3世紀・古墳時代前期、宮崎の生目古墳群

2-3世紀弥生時代の土器片に屋根のある船室(キャビン)を備えた船が線刻 - 広島・福山の御領遺跡

五塚原古墳 - 卑弥呼の墓ともされる箸墓古墳にしかない二つの類似点が発見される

金比羅山古墳の全体像確認 古墳時代前期の80メートル級前方後円墳 - 福岡・桂川

高尾山古墳、230年ごろ築の前方後方墳 埋葬は250年ごろ? 空白の20年 - 静岡・沼津

対田清水谷古墳群、古墳時代初頭までの古墳5基発掘 鎌倉期の経塚も - 兵庫・新温泉

久渡3号墳(奈良県・上牧町) - 画文帯環状乳神獣鏡などが出土した、久渡古墳群の前期古墳

三谷遺跡から古墳時代初期までのものとみられる銅鐸が出土する - 福井・勝山

鷺畑山古墳、日本海側最北限らしき古墳で進む発掘調査 - 山形・鶴岡

石野博信『邪馬台国時代のクニグニ 南九州』熊襲・隼人の本拠、神武のふるさと

延永ヤヨミ園遺跡(福岡県・行橋市) - 古代港「草野津」の関連役所跡 最古級「導水施設」も

髙川博『蓬莱島見聞録 ―封印された真正・魏志倭人伝の秘密―』

多伎元達也『崇神天皇に封印された卑弥呼と壱与―古事記と日本書紀に記された魏志倭人伝の三世紀』

高尾山古墳(静岡県・沼津市) - なぜこの地域に? 古墳出現期の62メートル前方後方墳

西都原古墳群(宮崎県・西都市) - 現存311基の高塚、3~7世紀の日本最大の古墳群、特別史跡

世紀

光正寺古墳(福岡県・糟屋郡) - 3世紀中頃の最初期・出現期、全長約54メートル前方後円墳

長嶺正秀『筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)』

中山茶臼山古墳(岡山県・岡山市) - 桃太郎のモチーフ、オオキビツヒコ「大吉備津彦命墓」

幅・津留遺跡(熊本県・南阿蘇村) - 東西にはじまりの違う二つの弥生ムラがある環濠集落

箸墓古墳(奈良県・桜井市) - 卑弥呼の墓の指摘がある、日本最古級の前方後円墳

桜井茶臼山古墳(奈良県・桜井市) - 戦後に存在確認された全国31位の柄鏡式前方後円墳

ホケノ山古墳(奈良県・桜井市) - 全長約80メートル、出現期の前方後円墳 6世紀に再活用?

東田大塚古墳(奈良県・桜井市) - 3世紀後半、全長約120メートル纒向型前方後円墳丘墓

纒向石塚古墳(奈良県・桜井市) - 成立期、最古の前方後円墳の一つ 全長96メートル

纒向矢塚古墳(奈良県・桜井市) - 全長約96メートルの最初期の纒向型前方後円墳

纒向勝山古墳(奈良県・桜井市) - 全長約115メートルの最初期の前方後円墳

黒塚古墳(奈良県・天理市) - 130mの前方後円墳、三角縁神獣鏡33面と画文帯神獣鏡1面が出土

西殿塚古墳(奈良県・天理市) - 第二十六代継体天皇の皇后「衾田陵」、年代に数世紀隔たり?