神社と古事記

日本の信仰の本質を探り、歴史と現在を結ぶ

古代ラブロマンス・オペラへようこそ!
神社大全 御朱印 稲荷 八幡 鳥居
一宮 別表 艦内神社 創建順 天皇家
伊勢神宮の御朱印 125社 参宮 全参拝
八幡神 神宮 伊勢親拝 猿田彦 奇祭 

タグ「邪馬台国論争」を含む記事一覧

安達弘志『卑彌呼は満鮮にいた』 - 女王国の東渡海千余里にある倭種の国、が日本

石渡信一郎『新訂 邪馬台国の都吉野ケ里遺跡 (新訂 新世紀の古代史2)』

小山顕治『倭国の都は火国・熊本―史書と遺跡が証明する』 - 大津宮まで都は熊本にあった

竹之内子鬼『高校生・陽美子と邪馬台国・日向国(魏志倭人伝をすなおに読んだら日向に着いた)』

渡邊徹『邪馬台国への道 ~熊本・宮地台地に眠る失われた弥生の都~』[Kindle版]

真藤豊『魏志倭人伝はすべてを語っていた』 - 「三世紀の現代人」の生活感覚で読み解く

高柴昭『邪馬台国は福岡平野にあった 通説に惑わされない21の鍵』 - 科学的思考による結論とは?

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「邪馬台国沖縄説」の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「邪馬台国近江説」の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「邪馬台国出雲説」の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「邪馬台国吉備説」の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「邪馬台国四国説」の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「邪馬台国東遷説」の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州・国内説」「鹿児島県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

榊腹英夫『邪馬台国への径: 『魏志東夷伝』から「邪馬台国」を読み解こう』

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「宮崎県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「長崎県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「佐賀県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「大分県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「熊本県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「福岡県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はなかった? 卑弥呼はいなかった? 今までの「非実在説」の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこか? 卑弥呼は誰か? 今までの「国外説」の研究をまとめてみた【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこか? 卑弥呼は誰か? 今までの「国内説」の研究をまとめてみた【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこか? 卑弥呼は誰か? 今までの「九州説」の研究をまとめてみた【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこか? 卑弥呼は誰か? 今までの「畿内説」の研究をまとめてみた【邪馬台国論争】

【邪馬台国論争】邪馬台国はどこか? 卑弥呼は誰か? 今までの研究・論争をまとめてみた

連載「古代出雲王国は実在したか」の多羅尾整治氏が邪馬台国問題に言及、「存在しなかった」

寺坂国之『よみがえる古代―短里・長里問題の解決』 - 邪馬台国問題を複雑怪奇にした元凶を解明

中村通敏『奴国がわかれば「邪馬台国」が見える』 - 倭人伝の魏使の行路を丹念に辿ってみる

吉村雅敬『邪馬台国と日本国成立の謎を解く』 - 「民族方位」で邪馬台国の所在地を明らかに

千城央『近江にいた弥生の大倭王: 水穂伝来から邪馬台国まで』 - 弥生の都に何が?

邪馬台国論争、「理念」の産物である魏志倭人伝に振り回される必要があるのか?

日向勤『邪馬台国探偵団: 卑弥呼の墓を掘ろう』[Kindle版] - デスクトップ・ディテクティブ

伊藤雅文『陳寿の記した道里~邪馬台国への方程式を解く~』

渡部雅史『完全決着! 邪馬台国 魏志倭人伝を究極解明 [Kindle版]』

黒岩重吾『新装版 古代史への旅 (講談社文庫)』 - 古代史小説の第一人者、復刊!

馬場範明『邪馬台国と女王卑弥呼の謎』 - 魏志倭人伝の忠実な解読と大胆な発想

飯野布志夫『眠る邪馬台国 (飯野布志夫著作集) (飯野布志夫著作集 4)』 - 邪馬台国薩摩説

ねたろう『女王国の正体: 倭人伝の邪馬壹国は女王国の都だった [Kindle版]』

岡将男『吉備邪馬台国東遷説』 - 邪馬台国は吉備にあった、そして大和に遷った

荒木信道『卑弥呼の陵墓 江田船山古墳の真実』 - 邪馬台国は熊本にあった

出田英雄『有明海古代豪族と邪馬台国』 - 邪馬台国は西九州に実在していた

勝友彦『親魏和王の都―伝承の日本史』 - ヒミコはなぜ都の場所を隠し、どこで死んだ?

井上悦文『草書体で解く 邪馬台国の謎 書道家が読む魏志倭人伝』 - 邪馬台国は朝倉市

中村武彦『邪馬台国の真相』 - 魏志倭人伝の行間を読む、日本国家の原点の地

萱島伊都男『卑弥呼は福岡市付近にいた―邪馬台国は伊都国の近くにあった』

海勢頭豊『卑弥呼コード 龍宮神黙示録』 - 沖縄の平和思想を広め、倭国の救世主だった

橘高章『邪馬台国の研究 [Kindle版]』 - 元東大助手による邪馬台国論

髙川博『蓬莱島見聞録 ―封印された真正・魏志倭人伝の秘密―』