神社と古事記

日本の信仰の本質を探り、歴史と現在を結ぶ

古代ラブロマンス・オペラへようこそ!
神社大全 御朱印 稲荷 八幡 鳥居
一宮 別表 艦内神社 創建順 天皇家
伊勢神宮の御朱印 125社 参宮 全参拝
ヒミツ:八幡神 神宮 伊勢親拝 猿田彦

タグ「邪馬台国九州説」を含む記事一覧

石渡信一郎『新訂 邪馬台国の都吉野ケ里遺跡 (新訂 新世紀の古代史2)』

竹之内子鬼『高校生・陽美子と邪馬台国・日向国(魏志倭人伝をすなおに読んだら日向に着いた)』

渡邊徹『邪馬台国への道 ~熊本・宮地台地に眠る失われた弥生の都~』[Kindle版]

高柴昭『邪馬台国は福岡平野にあった 通説に惑わされない21の鍵』 - 科学的思考による結論とは?

中国で発見された三角縁神獣鏡、石塚山古墳出土のものと「同じ工房」で制作? - 郷土史家が推論

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州・国内説」「鹿児島県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「宮崎県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「長崎県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「佐賀県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「大分県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「熊本県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこ? 卑弥呼は誰? 今までの「九州説」「福岡県」比定の研究まとめ【邪馬台国論争】

邪馬台国はどこか? 卑弥呼は誰か? 今までの「九州説」の研究をまとめてみた【邪馬台国論争】

中村通敏『奴国がわかれば「邪馬台国」が見える』 - 倭人伝の魏使の行路を丹念に辿ってみる

吉村雅敬『邪馬台国と日本国成立の謎を解く』 - 「民族方位」で邪馬台国の所在地を明らかに

樫田羽衣『邪馬台国発見! ~魏志倭人伝完全解読~ [Kindle版]』 - 表紙は亀塚古墳か?

日向勤『邪馬台国探偵団: 卑弥呼の墓を掘ろう』[Kindle版] - デスクトップ・ディテクティブ

渡部雅史『完全決着! 邪馬台国 魏志倭人伝を究極解明 [Kindle版]』

黒岩重吾『新装版 古代史への旅 (講談社文庫)』 - 古代史小説の第一人者、復刊!

飯野布志夫『眠る邪馬台国 (飯野布志夫著作集) (飯野布志夫著作集 4)』 - 邪馬台国薩摩説

荒木信道『卑弥呼の陵墓 江田船山古墳の真実』 - 邪馬台国は熊本にあった

出田英雄『有明海古代豪族と邪馬台国』 - 邪馬台国は西九州に実在していた

草野善彦『「邪馬台国」は北九州と『日本書紀』に: なのに、なぜ論争なのか』

井上悦文『草書体で解く 邪馬台国の謎 書道家が読む魏志倭人伝』 - 邪馬台国は朝倉市

萱島伊都男『卑弥呼は福岡市付近にいた―邪馬台国は伊都国の近くにあった』

橘高章『邪馬台国の研究 [Kindle版]』 - 元東大助手による邪馬台国論

永江泰久『邪馬台国と女王卑弥呼』 - 邪馬台国の首都は現代の太宰府付近にあった

中島信文『甦る三国志「魏志倭人伝」―新「邪馬台国」論争への道』

梅原猛『葬られた王朝―古代出雲の謎を解く』 - かつて、出雲王朝がこの国を支配していた

野上道男『魏志倭人伝・卑弥呼・日本書紀をつなぐ糸』 - 倭国の歴史は北九州で展開

八尋秀喜『道中記―卑弥呼の都 邪馬薹国』 - 「倭人伝」の道程、酒と笑いの道中記

片岡宏二『邪馬台国論争の新視点―遺跡が示す九州説』 - 邪馬台国九州説

並木伸裕『水行十日邪馬台国へ―歴史愛好家の私論』 - 魏志倭人伝の言うまま卑弥呼の国へ

森浩一『倭人伝を読みなおす (ちくま新書)』 - 邪馬台国や卑弥呼だけではない倭人伝

中村隆之『邪馬台国は九州にあった―一支国放射状方式による解読法』

若井敏明『邪馬台国の滅亡―大和王権の征服戦争』 - 邪馬台国九州説、九州北部

古田悠『新説 邪馬台国論』 - 邪馬台国九州説、宮崎県東部の日向灘に面した沿岸部

菊池秀夫『邪馬台国と狗奴国と鉄』 - 邪馬台国九州説に豊富な新説、阿蘇と製鉄など

古田武彦『「邪馬台国」はなかった―解読された倭人伝の謎』 - 邪馬台国九州説

橋口学『完読 魏志倭人伝―邪馬台国発見』 - 邪馬台国論に一石を投じ、古代ロマンへ誘う

小澤一雅『卑弥呼は前方後円墳に葬られたか―邪馬台国の数理』 - 畿内説の矛盾と九州説

井田英乃夫『精神科医師が究めた 魏志倭人伝と倭国への道』 - 倭人伝の原文を逐一照合

森田巌『古代史論 邪馬臺』 - 神武は天照大神=卑弥呼の孫だった!

丸山雍成『邪馬台国 魏使が歩いた道』 - 交通史学と考古学の両面から

福田正三郎『地名が証す投馬国、そして邪馬台国』- 投馬国は、長崎県千綿村遠目郷にあった!

門脇禎二『邪馬台国と地域王国』 - 大和・吉備・出雲・筑紫など、各地にあった王国

田窪努『卑弥呼の謎を解く―邪馬台国は日向にあった』 - 卑弥呼は神武天皇の母

釋安然『誰も語らなかった邪馬台国の実像』 - 魏志倭人伝の最大の謎を解いた!

眞木林太郎『邪馬台国とは何だろうか―創造的な剽窃による純粋に推理だけの探偵小説』

生野眞好『魏志倭人伝解読』 - 『倭人伝』作者陳寿のまなざしから考察・検証する