神社と古事記

日本の信仰の本質を探り、歴史と現在を結ぶ

古代ラブロマンス・オペラへようこそ!
神社大全 御朱印 稲荷 八幡 鳥居
一宮 別表 艦内神社 創建順 天皇家
伊勢神宮の御朱印 125社 参宮 全参拝
八幡神 神宮 伊勢親拝 猿田彦 奇祭 

カテゴリ:古事記いろいろ > 倭姫命世記

『倭姫命世記』(28) - 後事を託してヤマトヒメ薨去、波乱万丈の皇女の物語、終焉

『倭姫命世記』(27) - アマテラスの神託が続く、外宮先祭や神功式年遷宮とリンク

『倭姫命世記』(26) - ヤマトヒメ夢でアマテラスの神託、外宮トヨウケビメノカミを遷座

『倭姫命世記』(25) - ヤマトヒメついに引退表明、ヤマトタケルに草薙の剣を授ける

『倭姫命世記』(24) - ヤマトヒメと第二の「鶴の穂落とし」、八握穂社の造営

『倭姫命世記』(23) - ヤマトヒメと「鶴の穂落とし」、伊雑宮、朝熊神社とオオトシノカミ

『倭姫命世記』(22) - ヤマトヒメの志摩巡幸、アマテラスの「食」の解決こそが命題?

『倭姫命世記』(21) - ヤマトヒメ、再びアマテラスの神託を受け、天皇に報告・承認

『倭姫命世記』(20) - ヤマトヒメ、今でいう伊勢神宮の内宮を着々と整備する

『倭姫命世記』(19) - ヤマトヒメ、サルタヒコの末裔・大田命に会い、約束の地へ

『倭姫命世記』(18) - ヤマトヒメ、二見から帰還して順調 「矢田宮」「家田々上宮」

『倭姫命世記』(17) - ヤマトヒメ、荒崎姫に恐縮して神前神社を定め、老女と遭遇

『倭姫命世記』(16) - ヤマトヒメ、二見に上陸 佐見都日女の無言の抵抗に遭う

『倭姫命世記』(15) - 大若子命が帰還、ヤマトヒメ「佳き宮の場所」への端緒開く

『倭姫命世記』(14) - ヤマトヒメ「大河之滝原之国」へ、久求都彦と出会う

『倭姫命世記』(13) - ヤマトヒメ、牟弥乃神社、御船神社、多岐原神社へ

『倭姫命世記』(12) - ヤマトヒメ「伊蘓宮」へ、大若子命の派遣と、狭田社や坂田社

『倭姫命世記』(11) - ヤマトヒメ「佐々牟江宮」へ、アマテラスの神託を聞く

『倭姫命世記』(10) - ヤマトヒメ「飯野高宮」から櫛田川近辺、明和町あたりへ

『倭姫命世記』(9) - ヤマトヒメの苦難、阿佐加の山の神・伊波比戸への対応

『倭姫命世記』(8) - ヤマトヒメ伊勢国入り 大若子命と出会い、「阿野国」まで

『倭姫命世記』(7) - ヤマトヒメ、伊賀国から近江国、美濃国を経て、尾張国へ

『倭姫命世記』(6) - ヤマトヒメ、大和国から伊賀国へ巡幸、天皇の代替わり

『倭姫命世記』(5) - ヤマトヒメ登場、大和国の宇多秋宮、宇陀の地で出会った童女

『倭姫命世記』(4) - トヨスキイリビメ「笠縫邑」から丹後へ 大和に戻り引退へ

『倭姫命世記』(3) - 同殿共床との決別と、巡幸の始まり 皇女トヨスキイリビメ

『倭姫命世記』(2) - 山幸彦の君臨から、神武天皇の即位と東遷、橿原宮建立まで

『倭姫命世記』(1) - 天地開闢、アマテラスとトヨウケビメ 葦原中国平定と天孫降臨

『倭姫命世記』とは?