神社と古事記

日本の信仰の本質を探り、歴史と現在を結ぶ

古代ラブロマンス・オペラへようこそ!
神社大全 御朱印 稲荷 八幡 鳥居
一宮 別表 艦内神社 創建順 天皇家
伊勢神宮の御朱印 125社 参宮 全参拝
ヒミツ:八幡神 神宮 伊勢親拝 猿田彦

カテゴリ:関連書籍 > 古事記

荻原規子『国生みのはなし~イザナキとイザナミ~: 日本の神話 古事記えほん【一】』

直木孝次郎『白鳥になった皇子 古事記』 - 日本文化を知るためには不可欠の古典

岸根敏幸『古事記神話と日本書紀神話』 - 多くの違いが存在し、世界観など根本部分も

瓜生中『『古事記』と『日本書紀』神話の謎 (別冊宝島)』 - パワースポット旅ガイドも

坂口進『古事記の迷彩』 - 敗者の歴史書『古事記』に施された勝者の目を欺く迷彩とは

沢辺有司『いちばんやさしい古事記の本』 - ギリシャ・北欧神話にも匹敵、豊かな物語

萩原継男『古事記、祓い言葉の謎を解く』 - 鹿島神宮の社家・家枝神職の第31代目が解明

アレクサンドル・ワノフスキー『火山と日本の神話─亡命ロシア人の古事記論』

坂田隆『古事記歌謡全解』 - 全歌謡に対して、作者の言霊が伝わるように歌意を詳述

神武夏子『古事記を奏でる CDブック 上巻』 - 新しいスタイルの古事記の入門書

『入門古事記と日本神話 (洋泉社MOOK)』 - 知っておきたい日本誕生の物語

三浦佑之『今こそ知りたい、この国の始まり 古事記 (アサヒオリジナル)』

寮美千子著、イラスト・山本じん『絵本古事記 よみがえり: イザナギとイザナミ』

斎藤英喜編集『神話・伝承学への招待』 - 桃太郎が桃から生まれてきた答えは古事記に

吉田邦博『古事記と日本の神々がわかる本』 - 有名な神話と天皇の事跡をダイジェスト

志水義夫『マンガでわかる古事記 (池田書店のマンガでわかるシリーズ)』 - 日本創生記

日本文化探究の会『まんがと図説 古事記をよむ (にちぶんMOOK)』 - ドラマチックな世界

川口希史子『古事記とおもてなし-和の精神を学ぶ-』 - 世界が驚く日本人の親和力のルーツ

西條勉『古事記と王家の系譜学』 - 『古事記』は皇統譜に起源を与えるために作られた

工藤隆『古事記の生成』 - 作家論の視点、作品生成の現場に潜りこむ新しい方法論

阪下圭八『古事記の語り口』 - 『古事記』には意外なところに遊びがあり、笑いがある

浅野良一『古事記を解読する 新しい文脈の発見』 - 我々はまだ『古事記』を解読していない

ふわこういちろう『愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記』 - 可愛い神様が大活躍

多田一臣『『古事記』と『万葉集』 (放送大学教材)』 - 自国の文化伝統への深い自覚と省察

洋泉社編集部『古代史最前線古事記』 - 古代史研究最前線。『古事記』は歴史を語っている?

長部日出雄『「古事記」の真実 (文春文庫)』 - 神話と日本語の成立、日本人の原点を読み解く

加唐亜紀『大判ビジュアル図解 大迫力! 写真と絵でわかる古事記・日本書紀』

松下正樹『歌集 古事記物語・異聞』 - 人々の悲しみと喜びを歌で再現して古代を旅する

小笠原孝次『言霊精義(新装版)』 - 『言霊百神』には記し得なかった布斗麻邇の秘法

由良弥生『読めば読むほど面白い『古事記』75の神社と神様の物語』

斎藤英喜『異貌の古事記』 - 近代にふたたび創造された神話、解釈の歴史に迫る

内海隆司『古事記神話 漢字原典で読み解く』 - 現代語解釈文、漢字原典文、漢字解釈注

桐村英一郎『古代の禁じられた恋―古事記・日本書紀が紡ぐ物語』 - 禁忌の世界

和田萃『古事記と太安万侶』 - 多氏や多神社との関わりなど通じ安万侶の実像に迫る

神谷宗幣『紙芝居・古事記』 - 子供たちが神話に親しむきっかけにしてほしい

西宮一民『新潮日本古典集成〈新装版〉 古事記』 - すべての神々の名を注釈「神名の釈義」収録

小出一冨『人生が変わる古事記』 - エッセンスを読み解き、日常に生かせる新しい古事記

斎藤英喜『古事記はいかに読まれてきたか―“神話”の変貌』 - 多人長から本居宣長まで

河口英悟『日本の神話 はじめての「古事記」入門』 - Kindleで日本神話を優しく解説

池澤夏樹『古事記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集01)』 - 原文生かしたストレートで斬新な訳

松尾たいこ『古事記ゆる神様100図鑑』 - 古事記と、古事記以外の114柱のゆるキャラとお勧め神社

村瀬学『古事記の根源へ (言視BOOKS)』 - 古事記の「謎かけ」は解かれないままだった

鎌田東二『古事記ワンダーランド』 - 古事記を歌謡劇として読み解き神々の息吹を感じる

島崎晋『[イラスト版]読み出したら止まらない古事記』 - 『古事記』入門の決定版!

『古事記神話を旅する人代篇 (洋泉社MOOK) 』 - 豊穣なる神話の舞台、神々の聖跡をめぐる

上田正昭『私の日本古代史〈下〉『古事記』は偽書か―継体朝から律令国家成立まで』

鈴木ドイツ『萌ゆる古事記』 - 萌えながら読めるはじめての古事記入門書

渡邉博之『古事記改国譲り』 - 古代美再見を通し、日本の真の復興を願う

渡部昇一『古事記と日本人―神話から読みとく日本人のメンタリティ』

鯨統一郎『新千年紀(ミレニアム)古事記伝YAMATO』 - 奇想天外な発想と大胆な推理で読み解く