神社と古事記

日本の信仰の本質を探り、歴史と現在を結ぶ

古代ラブロマンス・オペラへようこそ!
神社大全 御朱印 稲荷 八幡 鳥居
一宮 別表 艦内神社 創建順 天皇家
伊勢神宮の御朱印 125社 参宮 全参拝
ヒミツ:八幡神 神宮 伊勢親拝 猿田彦

カテゴリ: 本文

オヤジの敵だけど元天皇の墓を破壊しようとする顕宗天皇 止めたのは賢兄の機転

因果応報を実行する顕宗天皇 窮地での弁当強奪犯を死刑にし、その一族にも処罰

女にちょっかい出された皇子がキレる 横柄な家臣を急襲して滅亡させる

皇統断絶の危機 播磨国に逃れていた“あの二人の御子”が発見された経緯とは

盃に葉っぱが入ってしまったので、その盃を献上した女を殺そうとする雄略天皇

傍若無人の雄略天皇、さすがに神様には逆らえず最敬礼 鷹揚な神様もそれを赦す

「オマエ可愛いから大人になっても嫁行くな」と雄略天皇に言われた童女の顛末

雄略天皇「あの家、気に入らね、燃やせ」 嫁取りで早くエッチしたくて歌った歌

いとこの無礼にキレてソッコー殺っちゃった雄略天皇 逃げる二人の御子

佞臣の讒言を信じて忠臣を殺した安康天皇は、連れ子に仇討されて果てる

同母兄妹、禁断の情事 皇位を追われ、伊予に流されて心中する兄妹ふたり

病弱な允恭天皇が半島最先端の薬で回復 日本古代史最大の悲哀劇の伏線とは?

履中天皇「オマエも裏切るんじゃね?」、弟をけしかけ、反逆の弟を始末するの巻

酔いつぶれて寝ていた御殿を放火された履中天皇 家臣に寝たまま担がれて逃走~

仁徳天皇の頃の、珍しい木から船を作り、船から琴を作った、フシギな木のお話

女に振り回される仁徳天皇、でも国内に瑞兆 聖天子逸話も伊達ではなかった?

ヨメ恐がりすぎて女に愛想つかれる仁徳天皇 それが反乱の引き金になろうとは…

皇后に浮気ばれて家出された仁徳天皇 嫁を追いかけるも、でも愛人も大事!

鬼の居ぬ間に何とやら 仁徳天皇、嫉妬深い皇后が旅行中に浮気三昧の日々

皇后の嫉妬におびえて田舎に帰ってしまった愛人を追いかけていく仁徳天皇

珍しく建国神話らしい逸話 - 「かまどの煙が見えないから3年間無税ね」の仁徳天皇

神の賭け事 美女ゲットした弟を嫉む兄が約束を反故、その時母親はどうする?

新羅の国王の子がやって来た! 虐待した日本人妻が逃げたので追って来た!

ものを持っているとうれしいはずなのに、嘆く海人 応神天皇亡き後の混乱

応神天皇崩御、すぐ兄弟間で戦争へ あの手この手を講じて、勝利は誰の手に?

応神天皇、百済に「賢いヤツがいたら、差し出せや」 ヒト・モノ・カネ動く

応神天皇の皇子が佩いている剣がかっこええ―、と吉野で評判になった歌

探し当てた美女を息子に懇願されて譲り渡す応神天皇 懐広い? ちょっと後悔?

自分の子の中で、兄を疎んじ、弟を愛でる応神天皇 理想の女をゲットして有頂天

反乱討伐後の応神天皇 神との名の交換 神功皇后の酒宴でのお出迎え

応神天皇、都が不穏で棺の中に入って大和に帰国 反乱軍を騙し討ちで討伐

半島で生まれそうになるのを石巻いて抑えて、帰って応神天皇を出産する神功皇后

海を渡る神功皇后 神風吹いて一瞬で新羅に到着、王恐れ戦いてひれ伏す

“神”の逆鱗に触れ、暗闇で急死する仲哀天皇 祟りおそれ大赦の嵐へ

死んでからも伝説作るヤマトタケル、死後は白鳥になり、遺族を困らせる?

ヤマトタケルの最期、国を思う歌、置いてきた草薙の剣に思いを馳せ見事逝く

舐めてかかった伊吹山の神退治 - ヤマトタケル不覚、瀕死の重傷を負う

待たされた二人には生理も関係ない? ヤマトタケルと嫁、嫁のあの日に初合体~

ヤマトタケル、妻の一人を泣く泣く犠牲に「ああ、わが妻よ」⇒あずま=関東

父に疎まれるヤマトタケルが東国へ 相模で危機一髪 叔母ちゃんに助けられる

熊襲征伐の帰り、ついでに出雲も、今度は友人装って騙し討ちするヤマトタケル

景行天皇「熊襲、殺っちゃって」 ヤマトタケルが日本史上初の男の娘で暗殺成功

景行天皇「オマエの兄、呼んできて」、ヤマトタケル「殺しちゃった テヘッ」

常世の国にフシギの木の実を求めさせたのに、帰ってくると亡くなっていた垂仁天皇

4人姉妹まとめて嫁取りの垂仁天皇「ブサイク2人、実家に帰って」で傷つく女心

しゃべらない皇子に何とか口を開かせようと四苦八苦の垂仁天皇 イミフの出雲説話

義兄に皇后を寝取られた垂仁天皇、反逆され討伐するも子どもは「育てます!」

四道将軍を派遣しようとして反乱に気付いた崇神天皇「伯父さん、討伐してちょ」

またまた美女に狙いをつけるオオモノヌシ 見事寝とって孕ませて

オオモノヌシに祟られて急いで慰霊する崇神天皇 そもそもオオモノヌシって…