蛇切岩に三つに切り裂かれた大蛇の、胴体を祀る堂田の宮
堂田神社 京都府舞鶴市八反田南町
[住所]京都府舞鶴市八反田南町
[電話]-

堂田神社(どうたじんじゃ)は、京都府舞鶴市八反田南町にある神社。与保呂が大きく流れを変える地点、県道487号線と51号線の亀岩交差点の近く。御朱印の有無は不明。

いわゆる蛇切岩伝説の関連の地。堂田の宮、堂田宮とも。美しい娘おまつが一目惚れした若衆との恋を遂げられずに、池に入水、大蛇に化けた、とされる。

その大蛇を村人が総出で退治した際、大蛇は蛇切岩(しゃきりいわ)に激突、頭部・胴体・尻尾に切り裂かれたという。

胴体を祀ったのが当社。蛇切岩は県道487号線の東端に現存し、蛇切神社として祀られている。また、頭部は日尾池姫神社、尻尾は彌加宜神社(大森神社)に祀られた。

【ご利益】
厄災除け
堂田神社 京都府舞鶴市八反田南町NO2
【関連記事】
蛇切岩伝説とは? - 与保呂川沿い、悲恋と治水への願いによる大蛇鎮魂の社
京都府の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、京都府に鎮座している神社の一覧