平安期に宇佐を勧請、南北朝期に式内・多理比理神社を合祀
[住所]広島県福山市駅家町大字上山守1183
[電話]-

當島八幡神社(とうしまはちまんじんじゃ)は、広島県福山市駅家町上山守にある神社。御朱印の有無は不明。

単に八幡神社とも、当島八幡神社・当島八幡宮とも。芦田川南岸、県道396号線沿い、山守橋南詰の交差点近く。

延喜式』巻9・10神名帳山陽道神 備後国 品治郡「多理比理神社」に比定される式内社(小社)の論社。近代社格では郷社。

社伝によれば、平安時代前期の大同2年(807年)、豊後の国の宇佐八幡宮の御分霊を勧請して祀られたと伝えられる。

一方で、『水野記』によれば、奈良時代の天平勝宝元年(749年)、神宮寺とともに建立。南北朝時代初期の延元元年(1336年)、山守惣宮大夫が持山谷山に移転したという。

上下山守・今岡・大橋・近田・戸手・向永谷・・新山・中島・倉光・江良・坊寺など12ヶ村の惣産社として崇敬された。

相殿に祀られる多理比理神で、多比理岐志麻流美神のことだという。大国主神の五世孫。多理比理神社は、建武年間(1334年-1336年)まで、字小丸神山に鎮座していた。

社殿の大破にともない、延元元年、当社に合祀されたという。他の説では、当社こそが多理比理神社であるとも、あるいは、多理比理神社の鎮座地に、当社が遷座したとも。

境内入口の広場に、「式内多理比理神社」と刻まれた社号標がある。明治27年(1894年)9月に氏子中が建立したもの。

明治5年(1872年)11月、村社に列し、明治21年(1888年)10月には郷社に昇格した。

御祭神は、三女神誉田別神足仲彦神息長足姫神高皇産霊神神皇産霊神天御中主神大山祇神・大己貴神・少彦那神豊玉姫神思兼神大年神

相殿に多理比理神(多理比理神社)。ただし、境内案内では、御祭神として、誉田別神(応神天皇)・足仲彦神(仲哀天皇)・息長足姫神(神功皇后)のみを挙げる。

境内社に三神神社がある。『広島県神社誌』には、三社神社とある。境内には径140ミリ、長500ミリの砲弾が安置されている。

なお、式内社「多理比理神社」の論社は他に、駅家町服部本郷、神子原の荒神社と、吉備津神社がある。

【ご利益】
厄災除け、安産、地域安全
當島八幡神社 広島県福山市駅家町上山守
【関連記事】
広島県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、広島県に鎮座している神社の一覧