城山西麓、継体妃の三尾君を祀る式内・直野神社を合祀
大己貴神社 福井県福井市南居町45-52
[住所]福井県福井市南居町45-52
[電話]-

大己貴神社(おおなむちじんじゃ)は、福井県福井市南居町にある神社。近代社格では村社。日野川東岸、県道182号線沿いの丘に鎮座する。近くには顕本法華宗妙正寺がある。御朱印の有無は不明。

この地は、北陸道を見渡す要衝として三度、城が築かれた。南居城、蕗野寺城、朝津城である。現在は城山と呼ぶ。その西麓に当社がある。

社前は京福バスの清水山線のバス停「南居」で、その近くに地蔵堂や石碑が並ぶ。入口に社号標があり、石段を上って境内に入る。

創祀年代は不詳。由緒もよくわからず、明治期の「神社明細帳」には、明治8年(1875年)、村社に列したとある。御祭神は大己貴命。例祭は4月15日。

近代以降だろうか、『延喜式神名帳』にある「直野神社(越前国・足羽郡)」に比定される式内社(小社)である直野神社(三尾君)を合祀した。長い間、境内社として奉斎されたようだ。

『足羽社記略』によれば、御祭神は第26代継体天皇の妃である三尾君の御神霊を奉祀したとする。「越前国惣神分」に「従四位 直野神」とある。

平成7年(1995年)、社殿の老朽化に伴い新築され、その際、本殿右に4尺四方の小祠に祀られていた直野神社は本殿に合祀された。

その小祠は、地元の人は「おさんのうさん」と呼んでいたという。「山王」、あるいは「三王」と記され、御祭神の三尾君の転訛だという。

三尾君は、第11代垂仁天皇の皇子である石衝別王がその祖。継体天皇には、三尾君らの祖とされる若比売三尾君加多夫の妹である倭比売という2人の関連する妃がいる。

ただし、直野(なおの)の社号から、直野神社の御祭神は素盞嗚尊ではないかとする説もある。

明治41年(1908年)3月4日に合祀された天満宮(菅原道真)は、その後独立して遷座、平成4年(1992年)3月に社殿が造営された。

境内入口には昭和10年(1935年)4月建立の狛犬が安置されている。阿は子狛を連れ、吽は巻物を口に咥え、玉を手にしている。

社殿に向かって右に御神木の杉(スギ)が高くそびえている。なお、市内には真木町に麻気神社と呼ばれる、当社と同名の神社がある。

【ご利益】
病気平癒、身体壮健、縁結び
大己貴神社 福井県福井市南居町
【関連記事】
福井県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、福井県に鎮座している神社の一覧