『和名類聚抄』越後国頸城郡物部郷、式内社も現在は石祠
物部神社 新潟県上越市清里区南田中564,565
[住所]新潟県上越市清里区南田中564,565
[電話]-

物部神社(もののべじんじゃ)は、新潟県上越市清里区南田中にある神社。旧清里村南田中の広い田畑の端の空き地に鎮座する。御朱印の有無は不明。

社殿は無く、アパートと公園の一角に石祠や鳥居がある。境内社として、稲荷社が祀られている。境域は整備されており、雑草なども取り除かれている。

『和名類聚抄』の越後国頸城郡物部郷は、この一帯に比定されている。その北西には「武士(もののふ)」という地名が残る。

『延喜式神名帳』にある「物部神社(越後国・頸城郡)」に比定される式内社(小社)。近代社格では無格社。

社伝によれば、持統天皇10年(696年)の創祀だという。物部氏の頸城郡進出の一大拠点となったが、中世以降は衰微し、史料・記録も散逸した。

御祭神は宇摩志真知命(宇摩志麻治命)。以前までは、山王権現・物部明神・田中神社とも称したという。

明治16年(1883年)7月の『神社明細帳』でも社名は日吉社とある。現在も日吉神社と呼ばれることもあるというが、鳥居の額には現社号がある。

以前は、南田中の山王北屋敷という場所にあったが、昭和46年(1971年)4月、圃場整備事業のため、現在地に遷座した。

旧社地の裏には経塚があり、その上に宝筐印塔が一基あった。また、遷座の際には直刀・五輪塔が出土。宝筐印塔と五輪塔は現社地に移した。

【ご利益】
五穀豊穣、一族・子孫繁栄、諸願成就
物部神社 新潟県上越市清里区南田中
【関連記事】
新潟県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、新潟県に鎮座している神社の一覧