松ヶ崎東山の南麓、松ヶ崎大黒天に隣接、『けいおん!』モデル
[住所]京都府京都市左京区松ケ崎東山34-1
[電話]-

白雲稲荷神社(しらくもいなりじんじゃ)は、京都府京都市左京区松ケ崎東山にある神社。御朱印の有無は不明。

五山の送り火「法」で知られる松ヶ崎東山の南麓、都七福神の一つ、松ヶ崎大黒天として知られる日蓮宗妙円寺の参道横に鎮座する。

途中まで、参道を妙円寺と共有しており、その途上、当社の鳥居があって、その左手を進むと松ヶ崎大黒天に向かう。

創祀・創建年代は不詳。御祭神は、稲荷尊・鬼子母神・牛の宮神。紀貫之は下記のように詠っているという。
たなひかぬ 時こそなけれ 秋も又 松ヶ崎より 見ゆる白雲
由緒も不詳だが、妙円寺と関係が深いのは立地的にも、鬼子母神が日蓮宗の守護神であることからも、よく分かる。

かつてこの辺りは、神託によって井戸掘りと牛の飼育を禁じられ、農家は馬を飼育して農耕に従事した。牛の宮神はその関係で祀られているという。

井戸は、妙円寺西参道に1ヶ所だけ設けられ、大正15年(1913年)まで、農家の生活用水として使用された。

また、参道では昭和39年(1964年)まで競馬が行われていたという。現在の拝殿は、京都御所の能楽殿が下賜されたもの。

例祭は10月23日。

なお、松ヶ崎大黒天の入口、つまり当社の入口でもある、鳥居と灯籠が接している民家、当社から少し東に行ったところにある橋など、アニメ『けいおん!』の舞台、アニメ聖地としても知られる。

【ご利益】
安産、火防
白雲稲荷神社 京都府京都市左京区松ケ崎東山
【関連記事】
アニメ聖地の神社 - 聖地 of 聖地s 巡礼のための、漫画・アニメの作中に登場する神社の一覧
京都府の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、京都府に鎮座している神社の一覧