寛永寺で獅子舞披露記念で創建、「鹿浜の獅子舞」発祥の地、東天神
[住所]東京都足立区鹿浜4-10-1
[電話]03-3897-6483 - 氷川神社

東北野神社(ひがしきたのじんじゃ)は、東京都足立区鹿浜にある神社。近代社格では無格社。江北氷川神社の兼務社の一つ。御朱印の有無は不明。

北野神社の一つで、東天神とも呼ばれ、菅原道真公を御祭神とする。

江戸時代中期の寛政10年(1798年)、寛永寺の代官田村権右衛門の目にとまった獅子舞を、寛永寺で披露したことを記念し、翌寛政11年(1799年)創建されたという。

一方で、古老の伝承によれば、創建は江戸時代後期の文政年間(1818年-1831年)とも。

この獅子舞が、現在は「鹿浜の獅子舞」と呼ばれるもので、当社はその発祥地として知られる。

「鹿浜の獅子舞」は現在、島氷川・糀屋氷川・古内神明・東天神(当社)の順に毎年交代で奉納される。区の文化財に指定されている。

獅子頭は度重なる洪水の被害を受けたが、村人たちの努力で保管場所を転々としながらも守られてきた。

現在は足立区郷土博物館で花畑の獅子頭とともに保管され、毎年9月15日の奉納には里帰りする。

大正年間(1912年-1926年)、社務所より失火し、本社も類焼して焼失したが、ただちに再建された。現在も社殿はこまめに補修されている。

相殿に稲荷神社(宇迦之御魂命)を奉斎し、東両社とも呼ばれている。

【ご利益】
学業・受験合格、厄災除け、病魔退散、商売繁盛
東北野神社 東京都足立区鹿浜
【関連記事】
東京都の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、東京都に鎮座している神社の一覧