淡路三の宮とも、緯度34度32分「西の伊勢」、5月にだんじり
[住所]兵庫県淡路市久留麻2033
[電話]0799-74-2258 - 松帆神社

伊勢久留麻神社(いせくるまじんじゃ)は、兵庫県淡路市久留麻にある神社。「久留麻の明神さん」と親しまれる。参拝すれば、御朱印を頂ける。

『延喜式神名帳』にある「伊勢久留麻神社(淡路国・津名郡)」に比定される式内社(小社)。近代社格では郷社。

社伝によれば、第30代敏達天皇の御代に伊勢国奄芸郡の久留真神社を勧請したという。往古「久留麻」は、来馬とも書かれたが、呉織の意味とも考えられている。

平安時代初期の大同元年(806年)、神封二戸とある。

境内案内では、『延喜式神名帳』淡路国の13社のうち、当社は3番目に記載されており、そのため、淡路国三の宮(三宮)を主張する。

ただし、実際には、13社の2番目に記載されている。津名郡の1番目が伊弉諾神宮で一宮、三原郡の1番目が大和大國魂神社で二宮、三宮以下は不詳が通説。

御祭神は、大日孁貴尊。別名は来馬大明神、あるいは伊勢明神。一説には、大己貴命とも、あるいは若比留女尊などの異説がある。

江戸時代前期の元禄5年(1692年)と、幕末の文久3年(1863年)に本殿再興の記録が残る。江戸期には「伊勢宮」とも呼ばれた。

明治3年(1870年)、徳島藩より米5石が寄進され、明治6年(1973年)2月、郷社に列し、明治45年(1912年)7月1日、神饌幣帛供進社に指定された。

NHK「知られざる古代~謎の北緯三十四度三十二分を行く」で、奈良箸墓古墳を中心に東西に対照に「二つの伊勢」があることが紹介された。

その中の、西側が当社に該当する。ちなみに東側は、伊勢の神宮(伊勢神宮)そのものではなく、伊勢斎宮跡。箸墓古墳からそれぞれ70-80キロ離れている。

この緯度34度32分の線上には二上山三輪山大鳥大社なども含まれ、淡路では舟木石上神社も通る。いわゆる「太陽の道」。

例祭は5月5日。華麗なだんじりが練り歩き、ギャル神輿も登場し、伝統の中にも華やかさがある祭典になっている。

境内社に、弁天社、愛宕社、猿田彦神社、伊弉諾神社、稲荷神社などがある。大楠公ゆかりの駒止めの松があり、現在は三代目。

【ご利益】
開運招福、事業成功
伊勢久留麻神社 兵庫県淡路市久留麻
【関連記事】
太陽の道とは? - 北緯34度32分のラインに連なる聖地、元伊勢・太陽信仰
兵庫県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、兵庫県に鎮座している神社の一覧
伊勢久留麻神社 兵庫県淡路市久留麻の御朱印