多摩川の右岸・北岸に鎮座、左岸・南岸の同名神社が式内論社
[住所]東京都府中市住吉町3-19-3
[電話]-

小野神社(おのじんじゃ)は、東京都府中市住吉町にある神社。別称として小野宮とも呼ばれる。多摩川の右岸・北岸に鎮座する。

延喜式』巻9・10神名帳 東海道神 武蔵国 多磨郡「小野神社」に比定される式内社(小社)の論社。近代社格では郷社。

創祀年代は不詳。多摩川をはさんだ、多摩川の左岸・南岸の多摩市に、武蔵国一宮とされる同名の神社があり、式内論社。一説に、当社こそが、本来の武蔵国一宮とも。

はけ下にあることから、多摩川の氾濫に伴う水害によって遷座が行われた結果、2社になったとも、どちらかが本社でもう一方は分祠であるともされる。

御祭神は天下春命と瀬織津比売命。小野氏の祖である天押帯日子命とする説もあるが、系統としては多摩市の同名神社と同様といえる。

ただし、『江戸名所図会』に「瀬織津比咩一座」とあり、瀬織津比売命が本来の御祭神であるとの指摘もある。

多摩市の同名神社が武蔵国一宮として江戸幕府の保護を受けたのに対し、当社は近くの武蔵国総社・六所宮(大國魂神社)への崇敬が高まるにつれて衰微したという。

1873年(明治6年)、郷社に列した。大正15年(1926年)、火災で炎上し、現在の社殿はその後再建されたものである。

現在、普段は無人。谷保天満宮の兼務神社であり、当社の御朱印も谷保天満宮で頂ける可能性はあるが、事前の電話確認などが必要。

【ご利益】
水難除け、厄災除け
小野神社 東京都府中市住吉町
【関連記事】
東京都の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、東京都に鎮座している神社の一覧
小野神社 東京都府中市住吉町の御朱印