『播磨名所巡覧図会』による式内比定、明治期に多賀神社を合祀
多賀八幡神社 兵庫県姫路市林田町上伊勢1133-3
[住所]兵庫県姫路市林田町上伊勢1133-3
[電話]079-261-2078 - 祝田神社

多賀八幡神社(はちまんじんじゃ)は、兵庫県姫路市林田町上伊勢にある神社。御朱印の有無は不明。

延喜式』巻9・10神名帳 山陽道神 播磨国 揖保郡「粒坐天照神社」に比定される式内社(名神大社)の論社。近代社格では村社。

創建や細かい由緒は不詳。御祭神は品陀和気命で、例祭は10月15日。現在は10月第3日曜日に斎行される。

式内社「粒坐天照神社」は、たつの市龍野町の粒坐天照神社とされているが、『播磨名所巡覧図会』は伊勢村にあるとする説を載せている。

当社の鎖座する上伊勢は、『播磨国風土記』にみえる揖保郡林田里の「伊勢野」であり、『和名抄』にみえる「上岡郷」を継承する地に属していた。

室町時代の上岡郷には、播磨守護赤松氏の奉公人喜多野氏の所領があり、当社北東の山頂に神座の窟という天然の岩屋がある。

その北には「岩屋赤松遠見ノ城跡」ともいう宋木城(空木城)跡がり、当社は赤松家守護の氏神となった。

当地には湯屋谷に豊受皇大神を祀る多賀神社と、当社があったが、明治7年(1874年)に当社が村社に列し、明治39年(1906年)に多賀神社を合祀した。

式内社「粒坐天照神社」の論社は先の粒坐天照神社の他に、たつの市神岡町の梛八幡神社、同市揖西町の井関三神社中臣印達神社の境内社、姫路市林田町の梛神社がある。

【ご利益】
五穀豊穣、衣食住、安産の守護神
多賀八幡神社 兵庫県姫路市林田町上伊勢
【関連記事】
名神大社とは? - 名神祭の対象となる神々、式内社の中でも特異、その細かな特徴は?
兵庫県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、兵庫県に鎮座している神社の一覧