江戸前期に西叶神社を勧請、勝海舟が断食修行した明神山と社叢林
[住所]神奈川県横須賀市東浦賀2-21-25
[電話]046-841-5300

叶神社(かのうじんじゃ)は、神奈川県横須賀市東浦賀にある神社。近代社格では村社。東叶神社とも。参拝すれば、御朱印を頂ける。

江戸時代前期の正保元年(1644年)に西浦賀の叶神社(西叶神社)を勧請して創建された。主祭神は、誉田別尊

明治になるまでは、耀真山永神寺と呼ばれる真言宗醍醐派寺院を別当としていた。

勝海舟が咸臨丸出航前に、当地で断食修行をしたと伝えられ、社殿裏の階段を登ると記念碑が建てられている。

社殿は関東大震災で倒壊し、昭和4年(1929年)に再建された。

裏山は明神山と呼ばれ、後北条氏が設けた浦賀城跡で、奥の院・東照宮・神明社・稲荷社があり、「叶神社の社叢林」として県の天然記念物に指定されている。

「横須賀風物百選」に選出されている。境内社に厳島神社があり、身代わり弁天と呼ばれる。また、旧永神寺の本尊である永勝不動尊がある。

拝殿前の狛犬は、それぞれ子供を抱いており、右側の狛犬はお乳を飲ませている。また、狛犬は口を開けた「阿(あ)形」と口を閉じた「吽(ん)形」で一対をなすが、当社の狛犬は、左右とも口を閉じている。

西叶神社の狛犬が、いずれも口を開けているように見えることから、東西で一対となっているとの説がある。

西叶神社の勾玉を、当社のお守り袋に納めて身につけていると、恋愛をはじめ、様々な良縁を結んでいただけるともいう。

東西の叶神社は、浦賀の港を行き来する「浦賀の渡し」で結ばれている。例祭は、西叶神社と同様、9月15日。

【ご利益】
良縁・縁結び
叶神社(東浦賀) - 江戸前期に西叶神社を勧請、勝海舟が断食修行した明神山と社叢林
【関連記事】
神奈川県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、神奈川県に鎮座している神社の一覧
叶神社(東浦賀)の御朱印