三浦半島の東端、日本武尊が海を渡った地に奉斎、弟橘媛を合祀
[住所]神奈川県横須賀市走水2-12-5
[電話]046-844-4122

走水神社(はしりみずじんじゃ)は、神奈川県横須賀市走水にある神社。御祭神は日本武尊。参拝すれば、御朱印を頂ける。

三浦半島の東端近く、東京湾にほど近い場所に位置する。当社の創建年代などについては火災などにより資料が焼失して不詳。

言い伝えでは、日本武尊が東征の途上に当地から浦賀水道を渡る際、自分の冠を村人に与え、村人がこの冠を石櫃へ納め土中に埋めて社を建てたのが始まりという。

上総国へ船出した日本武尊は、海上で暴風雨に遭い、妃の弟橘媛が海へ身を投じて暴風雨を鎮めた(『古事記』該当部分)。

数日後、海岸に弟橘媛の櫛が流れつき、村人は旗山崎(御所ヶ崎)に社を建てて、櫛を納めたとされる。

この社が弟橘媛を祀る橘神社であったが、明治18年(1885年)に旗山崎が軍用地になり、当社境内へ移され、その後明治42年(1909年)に合祀された。

境内社に、稲荷神社、三社(須賀神社・神明社・諏訪神社)などがある。弟橘媛命に殉じた侍女を祀る別宮や、走水に伝わる河童伝説に因んで祀られる水神社(河童大明神)もある。

明治43年(1910年)に東郷平八郎乃木希典らが建立した、恒久王妃昌子内親王筆の弟橘媛命記念碑がある。また、同年奉納の日露戦争戦利品ロシア製機械水雷もある。

当地で大伴黒主が日本武尊に料理を献じて喜ばれた故事にちなみ、昭和48年(1973年)、包丁塚が建立された。

大伴黒主は大友か、平安時代の歌人。どのような故事かは不詳。また、弟橘媛が荒海を鎮めた故事にちなみ、昭和50年(1975年)には舵の碑が建立された。

例祭は10月15日で秋季例大祭。7月第2土曜日には須賀神社の夏季例祭として、天王祭が斎行される。

艦内神社に平野神社を分祀した日本海軍の重巡洋艦「衣笠」の艦内神社に、当社御分霊も合祀されている。非公開だが、「衣笠」の奉納写真が現存している。また、市内には衣笠神社がある。

第二次世界大戦中に活躍した日本海軍の艦艇を擬人化したキャラクタである艦娘(かんむす)を強化・育成、正体不明の敵艦を撃破していくゲーム・アニメ『艦これ』ゆかり。

また、海上自衛隊の掃海母艦「うらが」の艦内神社に分祀したという。

兼務神社として、市内西浦賀鎮座の叶神社(西叶神社)、久比里鎮座の若宮神社、吉井鎮座の安房口神社がある。

なお、浦賀水道を挟んだ対岸、房総半島の富津市西大和田に鎮座する吾妻神社の神事「馬だし祭り」においては、当社とも深い関係を示す伝承が残る。

【ご利益】
水難除け、海上・交通安全、旅行安全、出世、開運招福(公式HP
走水神社(横須賀市) - 三浦半島の東端、日本武尊が海を渡った地に奉斎、弟橘媛を合祀
【関連記事】
艦内神社とは? - 自衛艦の艦内神社 - 日本海軍の艦内神社 - 艦娘たちの守護神
神奈川県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、神奈川県に鎮座している神社の一覧
走水神社(横須賀市)の御朱印
衣笠 - Wikipedia
『艦これ』衣笠
うらが - Wikipedia