神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサイン
・刊行:2016/2/29
・著者:桜井識子
・出版:ハート出版

・『神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサイン』をアマゾンで購入

ブログ「ひっそりとスピリチュアルしています」で知られる人気ブロガーが読者の熱望に応え、ちょっと足を伸ばして関東の古社、名刹へ。

あの家康さんや将門さん、龍、天狗、狼、狐など眷属さんたちと楽しい会話。そこにいらっしゃる神さま仏さまを感じ、直接おしゃべりしてきました。愉快でためになる旅です。

私は霊感がないから無理と、こころを閉ざさないで、実際に神社やお寺に足を運び、自分の感覚でコンタクトしてみることをおすすめします。

[日光東照宮]家康に聞いた本音とは―
[飯縄神社]座って祈ると、天空の神々につながる〝聖石〟があった
[三峯神社]〝悪霊〟を追い払ってくれる神のお使い狼の「出張制度」とは?
[小菅神社]大天狗から怒られた女人禁制の聖域のパワーは凄い
[神田明神]将門は〝怨霊〟じゃありません! ?
[於菊稲荷]みなさまへ時空を超えたお菊さんからのお願い
……ほか、二十余社寺

信仰は神仏と自分だけの世界、神仏と自分の二者間で成立するものなのです。

神仏がその人に何かを伝えたい時、愛情を知らせたいときに、「仲介を通す」なんてことはしません。

直接、その人が気づくようになんらかの手段で教えてくれます。ですから大事なのは、神仏がくれるさりげないサインに「気づく」ことです。