邪馬壹国からヤマト国へ: 近畿東海が大地震で倭国大乱に
・刊行:2015/12/17
・著者:千城央
・出版:サンライズ出版

・『邪馬壹国からヤマト国へ: 近畿東海が大地震で倭国大乱に』をアマゾンで購入

卑弥呼の邪馬壹国(邪馬台国)は奈良でも九州でもなく、近江・山城・伊賀を根拠地としていた。

近畿・東海で起こった大地震で倭国全体が乱れ、九州から東瀬戸内、近江へと東遷した大倭王(大市王)率いるヤマト王権が、纒向遺跡近くの地を都として統一ヤマト国を打ち立てた。

陰陽五行説にもとずく風水などの見地から弥生時代の謎を一気に解き明かす。