上野国四宮、宝亀2年(771年)創建の吾妻川沿い三社の一社
甲波宿禰神社(群馬県渋川市川島1287)
[住所]群馬県渋川市川島1287
[電話]0279-232-9098

甲波宿禰神社(かわすくねじんじゃ、甲波宿祢神社)は、群馬県渋川市川島にある神社。参拝すれば、「式内社」「上野四ノ宮」などと入った御朱印を頂ける。

『延喜式神名帳』にある「甲波宿禰神社(上野国・群馬郡)」に比定される式内社(小社)の論社。上野国四宮で、近代社格では郷社。

後述の事情で、川島甲波宿禰神社とも。御祭神は、速秋津彦神速秋津姫神大山祇神誉田別神を合祀し、大物主神倉稻魂神水波之売神を配祀する。

本殿左から後方には 天御中主神高皇産霊神神皇産霊神天照皇大神碑や末社群、神明社、諏訪神社、北辰明神、稲荷神社などが祀られている。

宝亀2年(771年)の創建と伝わる。上野国十二社の「四の宮」として古くから皇室の崇敬篤く、元慶4年(880年)に従四位下となる。『上野国帳』に正一位とある。明治15年(1882年)に郷社に列す。

吾妻川に沿って鎮座し、川の信仰が認められることから、「甲波」は川、「宿禰」は「直根」で、川の本流を意味し、川を神格化し、国司らによって祀られた神社と考えられる場合がある。

ただ、川であれば川の字を使えばいいし、「甲波」そして、「宿禰」と組み合わせると、どうしても人名に思えてくる。後述するように、当地近辺には宿禰の代表格でもある武内宿禰も登場してくる。

もとは吾妻川のほとりに鎭座していたが、天明3年(1783年)の浅間山噴火で流出、同5年(1785年)9月に現社地に再建された。

市指定重要文化財に「甲波宿祢神社の算額」がある。当社拝殿の中に掲げられているもので、利根郡片品村出身の千明慶悦という和算家が渋川・北群馬・利根及び吾妻の弟子たち六十余人の協力を得て、安政3年(1856年)に奉納したもの。

算額の内容は、直角三角形の底辺の長さを求めるもので、自問自答し、その解答を付ける形式をとっている。和算の問題としては比較的簡単なものであるが、問題を解くのに代数を使っているのが特徴。この地域にも和算研究の一団がいたことを示す資料となっている。

例祭は10月9日に近い日曜日。

市指定重要無形文化財に「川島の獅子舞」がある。境内社の諏訪神社の例祭に奉納され、悪魔払いの神事として、氏子の無病息災を祈願してきたもの。鹿島流といわれる一人立ち獅子で、雄獅子・雌獅子・子獅子・天狗・おかめ・棒術師・笛師・謡方によって構成される。

舞は天明3年の浅間山噴火により中断され、天保年間(1831年-1845年)の頃に再興されて以来、代々氏子の長男に受け継がれ、現在は川島獅子舞保存会が当社の秋季例祭に奉納している。

この地域には、式内社「甲波宿禰神社」の論社が複数存在し、そのうち、二社が当社と同一社号、東吾妻町箱島渋川市行幸田に甲波宿禰神社がある。また、武内宿禰(ここでは珍しく『古事記』表記の建内宿禰が使われる)を祀る渋川市祖母島の武内神社も論社。

行幸田を除く、当社を含めた三社は、吾妻川に沿ってほぼ等間隔(およそ2.1キロ-2.2キロごと)に鎮座しており、宗像大社丹生川上神社などのような三社構成(場合によって、一つの神社)だった可能性も指摘されている。

また、当社では頻繁に雨ごい行事が行われていた記録もあり、この吾妻川沿い三社の甲波宿禰神社の川を渡った北方にある雨乞山(931メートル)と、当社及び三社の関係を指摘する向きもある。

【ご利益】
人々の罪やけがれを呑み去る神
甲波宿禰神社(川島) - 上野国四宮、宝亀2年(771年)創建の吾妻川沿い三社の一社
【関連記事】
吾妻川沿い三社 - 群馬県を流れる吾妻川沿いにある式内社「甲波宿禰神社」の論社四社
群馬県の神社 - 本サイトに掲載されている神社で、群馬県に鎮座している神社の一覧
甲波宿禰神社(川島)の御朱印